生活情報のコラム

【スピリチュアル・ビートルズ】ジョンとポールが愛を打ち明けて泣いた日 「ヒア・トゥデイ」秘話

『The Lyrics』に収められた「Here Today」の歌詞。
『The Lyrics』に収められた「Here Today」の歌詞。

 ジョン・レノンとポール・マッカートニー。少年時代に知り合い、切磋琢磨(せっさたくま)し合い、ビートルズの屋台骨を支えた二人。盟友だった二人の間が微妙だった時期が、1970年のビートルズ解散後である。ジョンとポールはそれぞれ歌に相手へのメッセージを込めた。

 ポールの’71年5月リリースのアルバム『ラム』収録の「トゥ・メニー・ピープル」がまず挙げられよう。これはジョンがグループ解散後に行った告白的インタビュー「レノン・リメンバーズ」(草思社)へのポールなりの返答だった。ジョンがビートルズの負の側面や、ポールとの間の確執について手厳しく語っていた内容に応えたのだという。

 「地下に潜る人が多すぎる」、「行いについて説教する人たちが多すぎる」、「それが君の最初の間違いだった/君は自分の幸運をふたつに壊してしまった/今君のために何が出来ようか/君はそれをふたつに壊してしまったんだ」といった歌詞が並ぶ。

 ポールは言った「放送電波を通して伝えるジョンへのメッセージだったのだ」と。「ジョンが、人々は何をなすべきか、どう生きるべきなのかという事に関して少し偉そうに説いているところがあると思って、当時は、その一部が少し偽善的だと感じていたんだ」(『ラム』スーパー・デラックス・エディションのライナーノーツによる)。

 ジョンはこれに即、反応した。’71年9月リリースのアルバム『イマジン』に収められた「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ」がそれだ。彼の最も攻撃的で辛辣な面が出たナンバーで、「きみがやったことといえば『イエスタデイ』だけだ。今となってはもはや『アナザー・デイ』ってわけさ」と、ポールのビートルズ時代の代表作の一つと解散後のソロ作品のタイトルを引き合いに出して、彼を攻撃している歌詞である。

 ポールはさすがにショックを受けたようである。だが、彼は「目には目を」という対応を取らなかった。「ジョンには確かに残酷なところもあった・・・でもぼくは、ジョンの『平和を我に』の側面も知っていた」とポールは語った。彼はウィングスの最初のアルバム『ワイルド・ライフ』(’71年12月リリース)の中の「ディア・フレンド」を答えとした。

 ポールは「悪口について全てを打ち明けろという挑戦状」的な姿勢をジョンに対してとることも出来た。だが、ポールはもうひとつの方法をとったのだ――。「一緒に座って、黙って、ワインを飲まないか?こんなくだらないことをするには、僕たちはお互いのことを知りすぎている」と「ディア・フレンド」で語り掛けた(『ウィングス 1971-1973』スーパー・デラックス・エディションより)。
 ポールはこの楽曲について「ビートルズの解散について口論した後に、ジョンと話した」

 ことについてだと説明した。「歌詞に『まさに若い新婚夫婦のようだ』という一節があるのだけれど、これを聴いていると『なんてことだ。まさにそういうことだ』と思うんだ。ジョンに言おうとしていたことは『まあ、いいや、ワインでも飲もう。冷静になろう』ということだった」とポールは語った。「自分が手を差し出した曲だったんだ」。

 その後は表向きには作品を通しての二人のやりとりは鳴りを潜める。ビートルズをめぐるビジネス面でのしこりがほぐれてきたことが背景にはあろう。

 そして訪れたジョンの突然の死。5年ぶりに音楽シーンに復帰したジョンを襲ったのがマーク・チャップマンの放った銃弾だった。’80年12月のことだった。ポールは「馬鹿の中の大馬鹿」(Jerk of All Jerks)という暗殺犯に宛てた詩を書いて、それは詩集「ブラックバード・シンギング」(プロデュース・センター出版局)に収録された―ー「僕はピストルを持つ男/君の親友を撃ち殺す/僕のせいじゃないよ/だって僕は狂ってるんだから」。

 その詩は悲しみと怒りが入り混じったものだったが、ジョンに対しての優しさと愛情あふれる「ラブ・レター」を書いたのは、ジョンの死後直後だったという。その作品「ヒア・トゥデイ」は’82年の『タッグ・オブ・ウォー』に収録された。

『The Lyrics:1956 to the Present-Paul McCartney』(Liveright刊)のハードカバー版。
『The Lyrics:1956 to the Present-Paul McCartney』(Liveright刊)のハードカバー版。

 ポールはサセックスにある自分のレコーディング・スタジオで、ジョンとの若い頃からのいろいろなことー―ビートルズとは関係ないことー―などを思い返していたのだという。そこの二階の部屋にアコースティック・ギターを持ち込んで、弾きながら創ったのが「ヒア・トゥデイ」だとポールはいう(『The Lyrics』Liveright刊)。

 「僕らが泣いた夜はどうだった?」という歌詞があるが、それについてポールは振り返って語る「ビートルズの(最初の全米)ツアー中、フロリダのキーウェストでの出来事だった。赤道近くの場所だけど、ハリケーンが接近していたため、僕らはジャクソンビルでの公演をキャンセルしなければならず、キーウェストに向かった」(『タッグ・オブ・ウォー』スーパー・デラックス・エディションのライナーノーツ)。

 小さなモーテルの部屋で「とにかく僕らは飲みまくり、泥酔してディープな会話を交わした・・・何日間かそこに滞在しなければならなくて、僕らは基本的にずっと酔っぱらっていた。すごくエモーショナルだった・・・僕ら(ポールとジョン)が一緒に泣いたのはそのときだけだ。泣きながら、お互いにいかに相手のことを愛してるのかって話したのだ」。

『The Lyrics:1956 to the Present-Paul McCartney』(Liveright刊)のハードカバー版。
『The Lyrics:1956 to the Present-Paul McCartney』(Liveright刊)のハードカバー版。

 「僕はコンサートでいつも『ヒア・トゥデイ』を演奏している。ものすごくエモーショナルな曲だから、さまざまな思いが呼び起こされるよ・・・コンサートでぼくはこの曲を『僕らが交わすことのなかった会話』として紹介しているけれど、大体それで間違いないよ」。

文・桑原亘之介

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ