生活情報のコラム

【スピリチュアル・ビートルズ】「マルコスにタテついた人間は、きっと僕らしかいないよ!」 1966年の「イメルダ侮辱事件」とは?

『実録イメルダ・マルコスーフィリピン大統領夫人の知られざる過去』 (めこん刊)
『実録イメルダ・マルコスーフィリピン大統領夫人の知られざる過去』
(めこん刊)

 数年前、「オベイション・プロダクションズ」の興行師、レネン・デ・グイアはポール・マッカートニーを招聘(しょうへい)してマニラでコンサートを開きたいと考えたという(フィリピンの日刊紙「デイリー・トリビューン」2021年10月20日付電子版)。

 デ・グイアは今までにメタリカ、スティング、マンハッタン・トランスファー、レディ・ガガ、テイラー・スウィフトらのフィリピン公演を成功させたことのあるやり手のプロモーターだが、ポールの招聘に関しては「勝算がないだろう」と思っていたという。

 というのもビートルズは公演のためにマニラを訪れた1966年7月、当時のファーストレディ、イメルダ・マルコスのパーティを「すっぽかした」として、帰りの空港でスタッフともども暴力沙汰の騒ぎに巻き込まれた苦い経験があるからだ。

 ジョージ・ハリスンはいう「突如として国中が僕らを攻撃してきた。空港に向かおうとしている時も、やじられたり怒鳴られたりしてね」(「アンソロジー」リットーミュージック)。

 ジョン・レノンも言った「僕の乗った飛行機がフィリピンを通ることはない。上空を飛ぶだけでもごめんだね。とにかく、もう二度と狂った場所へと行きたくない」。そしてリンゴ・スターも一言「ぼくはフィリピンなんて大嫌いだ」。

 だが、ここにきて事件を再検証しようという動きが出てきた。例えば、英BBCのワールドサービスで2021年12月18日に放送された50分のドキュメンタリー番組「ビートルズがイメルダに会わなかった時」がその一つだ。

 ’66年当時、フィリピンでもビートルズ人気は絶大だった。BBCの番組で、ある女性ファンは次のように語った「ラジオでビートルズを聞いた時、これこそ求めていたものだと思った。長きに続くラブ・アフェアで、その気持ちは今も続いている」。他のファンは「’64年になると、ロック専門局DJRJでは、『抱きしめたい』、『シー・ラブズ・ユー』などのビ’トルズ・ナンバーが1時間に2回はかかっていた」と当時を振り返った。

 日本公演を終え、ビートルズ一行がマニラに到着したのは7月3日のこと。マニラに着いた4人は熱烈に歓迎された後、空港近くの海軍基地の約8平方メートルの狭い部屋で記者会見が行われ、50人ほどの記者たちでいっぱいになったという。

 その後、マニラ湾に浮かんだボートにビートルズ一行は移動させられた。ボート内は警備がいきわたり、軍が面倒をみていた。比紙「サン」によると、ビートルズの4人はボブ・ディラン、日本の流行歌、インドのシタール音楽を聞いていたという。

 ヨットが揺れること、またやることがなくなったため、ビートルズらは朝の4時にマニラ・ホテルにチェックインしたという。その日の午前11時にイメルダは招待した300人のゲストの前でビートルズに演奏してもらいたいと思っていたという。

 しかし、ビートルズは現れなかった。4人は起きるとテレビをつけたのだが、映っていたのは恐ろしい番組で「マダム・マルコスが叫んでるんだ、“私は侮辱された!”って。カメラ

 マンは空っぽの皿とか小さい子の顔とかをアップにして映してた。子供はみんな泣いてるんだ、ビートルズが来てくれなかったって」とリンゴは語る。

 テレビの放送後、「ダメージを最小限に食い止めるための緊急措置として、ぼくは(マネージャーの)ブライアン・エプスタインに読ませる報道陣向けの声明文の原稿を書き、地元のチャンネル・ファイブ・テレビに電話を入れ、ニュース班をホテルによこしてブライアンとのインタビューを収録し、それをあとの時間のニュースで放映してくれるよう説得した」とPR担当のトニー・バーロウは回想録「ビートルズ売り出し中」(河出書房新社)で語っている。

 しかし、声明は数時間後に放送されたが、ブライアンの言葉は正体不明の混信によってほとんどすべてかき消されてしまった、とバーロウはいう。

 その日(7月4日)の午後は二回、午後4時と8時にリザール・メモリアル・フットボール・スタジアムでコンサートを行った。計8万人を動員した。

 チケットは50ペソ(約4,620円)、30ペソ(約2,800円)と20~10ペソ(約1,850~920円)で当時のフィリピンの国民一人当たりGDP(国内総生産)780ペソからすると高値で、一般のファンが小遣いでは買えず、高級子弟が主な観客だったと考えられる。

 特に大変だったのは翌7月5日。マスコミが「侮辱」だと書き立てた。ホテルは一切のサービスを断った。空港に行くのも一苦労、空港でビートルズがスタッフらと合流すると、ごろつきが「銃をかざしては天井に向けて発砲し、ありあわせのこん棒と鉄パイプをぼくたちの目の前で振りまわした」とバーロウは言う。

 ブライアンとローディーたちが一番ひどい目にあった。搭乗機が滑走路を飛び立った途端、一行からは拍手が沸き上がったという。バーロウによれば、ジョージは「もしまたあそこに行くことがあるとしたら、それは特大の爆弾を落としにいくときだ」と言ったという。

 マニラ公演の興行主を務めたラモン・ラモス・ジュニアがマラカニアン宮殿からの要請を断り切れずにいたうえにビートルズ側との連絡がとれていなかったともいう。また、同宮殿への先導役を彼が務めることになっていたなど、「功名心」が仇になったとの声もある。

 空港での事件についてはBBCの番組は「イメルダの弟(ベンジャミン・ココイ・ロムアルデス)が侮辱を赦さないとして起こしたようだ」との説を紹介した。イメルダはBBCのアラン・ウイッカーに「情報が誤って伝わり、処置がへただったようだ。空港での出来事を知って、私はすぐに弟を空港に向かわせた」と語ったという。

 「散々なツアーだったが、よかったこともある。結局(マルコスとイメルダが国民に対してどんなことをしていたか、すべて暴利を得るためだったとわかってみれば)僕らのしたことは正しかった。すごい! マルコスにタテついた人間は、きっと僕らしかいないよ。だけど僕らのしたことの政治的な意味なんて、何年も経つまでわからなかったけどね」(ポール)。

 マルコスとイメルダは、独裁的体質が嫌われ、’ 86年の「ピープルパワー革命」でマラカニアン宮殿を追われた。彼らはハワイに亡命した。マルコスは’ 89年に死亡、イメルダはのちにフィリピンに帰国、下院議員を務めた。彼女は現在92才である。

文・桑原亘之介

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ