生活情報のコラム

【洋楽を抱きしめて】アフリカの人々はキリストなのか? 「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」

「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?/バンドエイド」 (マーキュリー・ミュージックエンタテインメント)
「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?/バンドエイド」
(マーキュリー・ミュージックエンタテインメント)

 1984年のクリスマスの一カ月前、11月25日、英国とアイルランドのロック・ポップス界のスーパースターたちがロンドンのノッティング・ヒルにあるレコーディング・スタジオに集結した。ボブ・ゲルドフとミッジ・ユーロが発起人となったアフリカの飢餓対策支援のためのチャリティ・プロジェクト「バンド・エイド」のためだった。

 その約3週間前、ブームタウン・ラッツのゲルドフとウルトラボックスのユーロが交わした会話がきっかけだった。エチオピアの飢餓について伝えるテレビ番組にショックを受けていたゲルドフはユーロに「エチオピアでの惨状を少しでも和らげるために何かしたい」と伝えた。ユーロは同意し、チャリティ・レコードを作ることになった。

 ゲルドフは他のアーティストたちに連絡をとり、参加を依頼。ほとんどのミュージシャンたちが参加に同意してくれたという。U2のボノ、スティング、スタイル・カウンシルのポール・ウェラー、デュラン・デュラン、ジョージ・マイケル、フィル・コリンズ、スパンダー・バレエのゲイリー・ケンプ、カルチャー・クラブのボーイ・ジョージらが名を連ねた。

 チャリティ・シングルとなる曲「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」はゲルドフとユーロが書き上げた。歌詞は主にゲルドフが担当した。アフリカで飢餓に苦しむ人々は「いったい今日がクリスマスだってみんな知っているの?」と歌われる作品だ。

 まず、12月3日に英国でリリースされた。シングルチャートに1位で登場、5週間にわたり首位の座を守った。380万枚の売り上げを記録したという。米国では12月10日に発売され、ヒットチャートでは最高13位だったが、200万枚近くを売り上げたという。

 このプロジェクトは大きな反響を呼んだ。だが中には、歌詞の一部をめぐる批判や議論もあったのだ。問題となったのは歌詞の次の部分だった――「そこで鳴っているクリスマスベルは、苦しみに終わりのチャイムを告げる。そう、今夜神様に感謝しよう、(飢餓で苦しんでいるのが)君たちではなく、彼らだということに」。

 自分たちは暖かい暖炉の前でローストした七面鳥を食べ、ワインを飲み、家族で過ごしている。そんなクリスマスに、一方のアフリカでは食べるものにも事欠き、飢えに苦しんでいる人々がいる。そんな現実を神様に感謝しなさいと言っているのだ。

 この考え方に対しては、自分勝手ではないか、苦しみをアフリカの人々に押し付けているだけではないか、などの批判が寄せられた。実際、このゲルドフの書いた歌詞に対してはユーロが反対していたという。だが、ゲルドフは「本音」が必要だとして押し切ったという。

 自分たちに代わって彼ら(他の人たち)が苦しみを背負ってくれている、という考え方はキリスト教的ではないか。つまり、イエス・キリストは私たちの罪を背負って十字架に架けられたという聖書の教えが背景にあるのではないかと考えている。つまり、アフリカの飢餓で苦しむ人々は現代のキリストとでもいうべき存在だといっているのではないだろうか。

文・桑原亘之介

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ