生活情報のコラム

【スピリチュアル・ビートルズ】今日のキリスト教に懐疑的だったジョージ 独自の宗教観を持っていたポール

イメージ
イメージ

 厚い信仰心を持っていたことで知られるジョージ・ハリスンは、今日のキリスト教には懐疑的だった。カトリック教徒として育てられたジョージだが、ある日教会で「これは違う」と感じ、のちにインドでの経験からヒンズー教などに傾倒することになる。

 ジョージの両親のうち、母親がカトリック教徒だったという。他の子ども同様、何の疑問も持たず、カトリック教会に通っていたジョージ少年。だがすでに11歳の頃には「ちょっと待てよ、本当はこういうのは好きではない」と思っていたという。

 そして12歳になるまでには教会に行かなくなったという(アシュレー・カーン編「George Harrison on George Harrison」Chicago Review Press)。

 しかし年月が経ち、「インドでぼくはキリストに立ち戻ることが出来た。それまでキリスト教徒たちは、キリストのことを全く説明することが出来なかった。具現化する能力がなかったからで、彼らは単にどうやってキリスト教的意識を持つことが出来るかを話そうとしていただけなのだ。「ポリティカル」(政治的)だと思わないかい?」。

 誰かを排除するとか、出来ないとか、利用しようとか、教会で話されたり行われたりしていたことは、すべてその「政治」から生じていた、とジョージは見ていた。

 ジョージはあまりにも宗教にスピリチュアリティがないことを憂いて、「マイ・スウィート・ロード」を書いたのだという。それはヒンズー教の教師であるスワミの言葉を読んで、「これだ!」と思ったからだった――「もし神がいるのなら、私たちは彼に会わなければならない。もし魂があるのなら、私たちはそれに気づかなければならない。そうでないのなら信じない方がよい。偽善者であるより、率直な無神論者である方がよい」。

 宗教というのは「直覚」(直接の認知)の仕方についてのものでなければいけないと思うが、キリスト教はその仕方を教えてくれないのだ、とジョージ。

 さらにジョージは、キリストの弟子たちが亡くなった後に、キリストの教えをダイレクトに教える流れがなくなってしまったことが問題だ、と言った。

 「規律を教えていくラインが失われてしまった」のだという。それに対して、インドでは「クリシュナに直接つながる弟子たちについていくことが出来、それによってグルに立ち戻ることが出来る」、「キリスト教ではキリストの後、規律を教えていくラインが壊れてしまった。だからヴェーダ文化ほど純粋ではないのだ」。

 これらの言葉からしてジョージはヒンズー教徒だったのかといえば、そうではなかった。ジョージが2001年に亡くなった後、妻オリビアは次のように言っていた――「彼はいかなる宗教団体にも属していませんでした。罪や神秘を信仰に掲げる宗教団体の教えや教義を受けつけることなく、すべての宗教の神髄を信じました」。

 ジョージのキリスト教観などは、ジョン・レノンのそれと通底しているように思える。例えば、論争を呼んだジョンの ’66年の発言を振り返ってみよう。

 「キリスト教はなくなるよ。いつか衰えていって消えるだろう。あれこれ論じる必要もない。ぼくの言っていることは正しいし、いつか正しいことが証明されるはずだ。今のぼくらはキリストより人気がある。ロックン・ロールとキリスト教と、どちらが先にすたれるかはわからないけれど。キリストそのものに問題はなかった。でも彼の弟子たちが頭の悪い凡人だった。ぼくに言わせれば、彼らがキリスト教をねじ曲げて堕落させたのだ」。

 ジョンの発言は米国のいわゆるバイブル・ベルトを中心に強い反発を招いたが、2008年になって、カトリックの総本山であるバチカンはこれを許す声明を発表した。「長い年月を経た今では、ロックン・ロールの影響を受けて育った英国の労働者階級の若者が予想外の成功になんとか対応しようとし、自慢して得意がっていただけのように聞こえる」。

 ジョンは ’80年のインタビューで次のように語っていた――「世間じゃいつも、ぼくが反キリスト教主義者だとか反宗教主義者だとかいうイメージを持っていた。(レッテル貼りはいいけれど)でも、そうじゃない。ぼくは非常に宗教心の強い人間だ」と。
 特定の宗教を信奉することが必ずしも信仰心が厚いということでもないのだろう。

一方、ポール・マッカートニーは母親がカトリック教徒、父親はプロテスタントだった。そのはざまで育ったポールには思う所があったのだろう。ジョージやジョンに比べて宗教的関心が薄いと思われてきたポールの次の言葉を紹介したい。

 子供の頃、カトリックとプロテスタントの論争を聞きながら「ぼくはひとつの結論に達した。神(God)とは良い(good)という言葉から“o”の文字がひとつとれたものであり、悪魔(Devil)とは悪い(evil)という言葉に“d”の文字が加わったものだ、ということだ」

 「人間がその長い歴史を通じて行ってきたのは、善と悪というふたつの概念を擬人化する試みだったんじゃないだろうか。それらはエホバやアラーなどさまざまな名を与えられてきたけれど、もとはすべて同じなのかもしれない。ぼくはそんな風に考えるようになった」。

 音楽的成功を収めた彼ら。ジョージは音楽というものは神であり、すべてのサウンドと音楽は宇宙の深いところで創られていると考えていた。ジョージは言った「聖書がいうように『はじめに言葉があった』。オームというのは基本的な音のバイブレーション(霊気)であって、他の音はすべてそこから来ているのだ」。

文・桑原亘之介

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ