生活情報のコラム

【もぐもぐ】Withコロナだからこそできること あなたはどこに意識をむけますか?

イメージ
イメージ

 Withコロナによる、ステイホームで子どもの生活が変容しています。

 長期休み、子どもたちは家庭に帰ります。家庭での過ごし方は、それぞれです。特にテレビやゲームのメディアとの付き合い方に注目してみると、ステイホームだから、テレビやゲームが長くなっても仕方がない考える家庭とステイホームだからこそ、楽しみを見つけて過ごそうとする家庭の二極化がありました。共働きの家庭では、子どもだけで過ごすので、ついついゲームをだらだらしてしまいがちなので親子で改善しなければという家庭もありました。ステイホームで過ごす時間は、意識のもち方で一日の過ごし方が変わることがうかがえます。

 皿洗いや洗濯、お風呂掃除等、子どもができる家事を役割にしていくことで「ありがとう」の言葉が飛び交う環境になり、子どもは進んで手伝うようになり、家事がはかどり、余った時間でトランプやボードゲームを親子で楽しんでいた家庭もありました。また、親子でお菓子づくりやお料理を楽しんでいた家庭では、子どもの料理のレパートリーも増えていったそうです。

 もちろん、子どもが台所に立ち、卵焼きやみそ汁つくりができるようになった子どもたちも増えました。

 日々の生活環境は変わらないものですが、意識を変えることで空間が変わります。視点が変わり考え方が変わっていきます。Withコロナだからこそ、できることに意識を向けて楽しみを見つけていきましょう。

文・佐世保市立広田小学校教諭 福田泰三

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ