生活情報のコラム

【もぐもぐ】「巣ごもり生活」を生かそう 地元の旬の食材で老若男女関係なく料理にチャレンジ

Asian family baking cookies together in  the dining kitchen.
イメージ

 「腹がへっては戦ができぬ」ということばがあります。エネルギーがなければ活動はできないということです。

 人類の歴史を数万年前にまでさかのぼると、死因のダントツ一位は餓死だそうです。だから身体は、数万年かけて飢餓対策を強化する方向に進化してきました。例えば飢餓状態の時にも血糖値を上げるホルモンはアドレナリンなど4種類ありますが、飽食状態の時に血糖値を下げるホルモンはインスリンしかありません。餓死が多かった時代には必要のないホルモンでした。

 ところが現代の日本では、その進化した機能があだになって、肥満や糖尿病に苦しむ人が増えています。簡単に血糖値を上げる糖質(特に砂糖)が日常の食べ物に多く含まれている状況なんてここ70年くらいのことです。めずらしく多く食べられた時は、活動したあとに余ったエネルギーを脂肪に変えて体内に蓄える能力まで人間は獲得しているのです。

 「巣ごもり生活」がコロナ禍で広がっています。そのために外食産業が経営的に大変な危機に陥っています。だから適切な外食によって健康を保てていた人たちのことを心配しています。

 卵焼き器がよく売れているというニュースがありました。買い替えよりも新規に料理を始めた人が多いということでした。家族で料理を作って食卓を囲むことの教育効果の大きさを知っている私には、とてもうれしい現象です。

 でも、もう少し踏み込んでデータを読むと、よく売れているのは食事の材料よりもスイーツの材料の方が多い実態が浮かんできました。子どもはお菓子作りには強い興味を示します。それは子どもの身体が、大人よりも糖質をエネルギーとする解糖系が多い時期というのが原因の一つです。でも台所に立つよい意欲付けにはなります。

 これを機会に、地元の旬の食材で簡単な家庭料理を作る楽しさを経験させることがおススメです。「子どもが作る弁当の日」は20年かけてその実効性を示してきました。

 つい先日、料理を苦手としている母親たちの声を聴く機会がありました。料理を楽しむ教育が70年近く、なされてこなかっただけのことです。気が付いた人から行動を起こせばいいのです。男女を問わず、年齢を問わず。

文・竹下和男

竹下和男(たけした かずお)
1949年香川県出身。小学校、中学校教員、教育行政職を経て2001年度より綾南町立滝宮小学校校長として「弁当の日」を始める。定年退職後10年度より執筆・講演活動を行っている。著書に『“ 弁当の日” がやってきた』(自然食通信社)『できる!を伸ばす弁当の日』(共同通信社・編著)などがある。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ