生活情報のコラム

【スピリチュアル・ビートルズ】出会いはぎこちなかった 「フェイム」でコラボしたジョンとボウイ

『ヤング・アメリカンズ』(ワーナーミュージック・ジャパン)
『ヤング・アメリカンズ』(ワーナーミュージック・ジャパン)

 ポップ・アイコンともいえるジョン・レノンとデヴィッド・ボウイ。二人は目立たなかったものの1970年代半ばから交友を持っていた。そして、二人は名声についてまさに彼らがどう思っているかを歌にした「フェイム」という作品を共作する。

 二人は女優エリザベス・テイラーの紹介で出会ったという。場所は彼女が開いたロサンゼルスでのパーティだった。同じく英国出身でロックンロール世代だったにも関わらず、デヴィッドはナーバスだった。デヴィッドはジョンのことを深く敬愛していたからだ。

 ジョンがやってきていることを知っていたデヴィッドは「何を話そう、馬鹿にされるからビートルズの話だけはしないようにしないと」と思ったという(デヴィッドが名誉博士号を送られたバークリー音楽大学の ’99年の卒業式で行ったスピーチによる)。

 ジョンが「やあ、デイヴ」と話しかけてきたという。それに対してデヴィッドは「あなたが作ったものは何でも持っていますよ。ビートルズ以外ですけど」と言ったのだという。

 こうして知り合ったジョンとデヴィッド。だが、デヴィッドは敬愛していたジョンを「畏怖」するような気持ちを持っていた。ジョンについてデヴィッドは次のように語っていた。
 「彼(ジョン)はありとあらゆる面でぼくを形作っている。ポップミュージックの構造のイロハや、どうやって他のアート分野から要素を取り入れるか。時にそれは目を見張るほど美しく、力強く、物珍しさすらも取り込んでいたのだ」。

 そしてデヴィッドはジョンのユーモアのセンスを何よりも愛していた。
 デヴィッドとジョンが次に会ったのは、デヴィッドが ’74年夏から取り組んでいたアルバム『ヤング・アメリカンズ』の制作中であった。二人は ’75年初めに、ニューヨークのホテルの部屋で会った。神経質になっていたデヴィッドは、同アルバムのプロデューサーの一人だったトニー・ヴィスコンティに一緒に行ってくれるようにと頼んだという。

 そのヴィスコンティが回想するところによると、彼が二人のいるホテルに着いてみても「それから約2時間、ジョンとデヴィッドは互いに話をしなかった。その代わり、デヴィッドは床に座り、紙に木炭を使ってスケッチをしていたのだ。彼は完全にジョンを無視していた」(2021年1月8日「英ガーディアン」電子版)。

 そして二時間ほどがたつと、ようやくジョンが口を開いた。「その紙を裂いて、何枚かくれないか。君のことを描きたいのだ」。デヴィッドは「良いアイデアだ」と答えた。
 ジョンとデヴィッドは互いのことを描いて、完成した絵を交換すると二人で笑い合った。ヴィスコンティによれば「その瞬間、二人の素晴らしい友情が生まれたのだ」という。

 それから一週間後、ボウイはジョンに電話をかけ、ジョンのビートルズ時代の作品「アクロス・ザ・ユニバース」をカバーするので一緒にプレイしてくれないかと誘ったのだ。そしてスタジオで、ジョンとデヴィッドのコラボレーション曲も生まれることになる。
 そのコラボ作品「フェイム」はデヴィッドのバンドのカルロス・アルマ―がザ・フレアーズというグループの曲「フット・ストンピン」を参考にして作ったリフが基になった。

 CD「ヤング・アメリカンズ」の赤岩和美氏のライナーノーツによると、ミッドナイト・セッションでカルロスの弾くギター・リフに合わせてデビッドがリズムをとると、ジョンが「Eiie」と歌い始め、ボウイの「Are you singing fame?」の問いかけに「OK」と答え、3人の共作となった「フェイム」が生まれることになったのだという。

 ジョンはギターを弾くとともに、高音でバックボーカルを務めた。
 「ソングファクツ」によると、デヴィッドは「この歌は、まさに有名になるという事がどういうことかについてだ」と述べていた。「もちろん、名声そのものはあなたにレストランで良い席につけるという以上のことは何も与えてはくれないのだ」。

 ファンキーな仕上がりとなった「フェイム」は米ビルボード誌のチャートで ’75年9月から10月にかけて1位となった。ボウイにとって初の全米ナンバーワンとなった。

 ’75年春にも二人は会っていた。第17回グラミー賞の発表・授賞式のバックステージに二人はいた。デヴィッドがソウルの女王アレサ・フランクリンに賞を渡すことになっていた。

 受賞式が始まる前に緊張していたデヴィッドはジョンに言った「アメリカはぼくにこんなことをさせてくれるとは思っていなかったよ」と。そして授賞式で封筒を開けてアレサの名前を読み上げたデヴィッド。アレサはトロフィーを受け取ると「ありがとう。私はデビッド・ボウイにキスしたいほど幸せです」とジョークを飛ばした。

 アレサが退場すると、舞台裏でジョンはデヴィッドを抱きしめてキスをする素振りを見せながら言ったのだ「ほらデイブ、アメリカは君を愛してくれているよ」。

 さらに70年代終わり、デヴィッドとジョンは香港で会ったという。デヴィッドが休暇で香港に行った時のこと、当時は「主夫」となっていたジョンと裏通りを歩いていると、子どもが寄ってきて「ジョン・レノンですか?」と聞いてきたという。

 ジョンはそれに答えて「違うよ、それくらい金持ちだったらよかったと思うけれど」。その子どもは「ごめんなさい。人違いでした」と言って、走り去ったという。ボウイは言う「ぼくは、今まで聞いたセリフの中で一番役立つものだなって思ったよ」。

 ニューヨークに戻って2か月後、ソーホーで「デヴィッド・ボウイ?」って聞かれた時、デヴィッドは答えた「違うよ、それくらい金持ちだったらよかったと思うけれど」。するとその声の主は何とジョンだった。「嘘つけ、ぼくくらい金持ちだったらと思っているんだろう」。

 ジョンとデヴィッド、二人ともすでにこの世にいない。デヴィッドが生きていれば74回目の誕生日となる2021年1月8日、未発表だったジョンのカバー「マザー」が発表された。

 ジョンの妻オノ・ヨーコはデヴィッドの誕生日を前にツイッターに投稿した。「ジョンとデヴィッドは互いを尊敬していました。二人は知性、才能がマッチしていました。ジョンと私には友人がほとんどいなかったので、デヴィッドを家族のように近い存在だと感じていました」。

文・桑原亘之介

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ