生活情報のコラム

【洋楽を抱きしめて】愛について多くのことを考えさせてくれる名曲「ローズ」

「ローズ」

 愛についてシンプルだが多弁な作品にベット・ミドラーが歌う「ローズ」がある。1979年公開の同名タイトルの米映画の主題歌として有名になり、翌年には米ビルボード誌のチャートで3位にまで昇るヒット曲となった。

 「ローズ」は、人は愛をいろいろなものにたとえるという。例えば、川、カミソリ、渇望など。いずれもネガティブにとらえられているようである。「だが、愛は花だと私は思う。そして、あなたがその種であると」と同曲では歌われる。

 「愛というのは幸運で強いものたちのためだけにあるものだと思うかもしれない。でも、思い出してほしい。冷たい雪の下には種があるということを。その種は、春に太陽の愛をあびてバラを咲かせるということを」と同曲は締めくくられる。

 映画でジャニス・ジョップリンをモデルにした歌手ローズ役を熱演したベット・ミドラー。奔放にして繊細、あばずれにして純情なスター歌手ローズ。

 ドラッグとセックスとロックンロールを信奉する彼女の存在の根底には実は愛への渇望があるということが描かれた映画だが、最後にローズがステージ上で倒れた後に、エンドロールをバックに流れるのが「ローズ」という主題歌なのである。

 ベット・ミドラーはこの映画のローズ役でゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を獲得、また主題歌「ローズ」はグラミー賞を受賞する。

 作詞・作曲を手掛けたのはカリフォルニア州出身の女性ソングライターであるアマンダ・マクブルームである。彼女のホームページによると、この歌が生まれたきっかけは、ある日の午後フリーウェイをドライブしていた時にかけていたラジオから流れてきたレオ・セイヤーが歌う「マグダレーナ」という曲の歌詞であった。

 この曲の「あなたの愛はカミソリのようなもの。私の心はただの傷跡」という歌詞が気にかかり、アマンダは「愛はカミソリのようなものではない」と思い、愛とは何かを考えた。そして思い浮かんだ言葉を暗誦しながら、車を急いで家に走らせた。到着するや家に飛び込むとピアノの前に座り、10分後には「ローズ」という歌が誕生していたという。

 ジャニス・ジョプリンを描いた映画の主題歌候補としてプロデューサーたちに提出されたが、彼らはこの曲を気に入らなかった。さえないし、賛美歌みたいだし、なにせロックンロールじゃないというのが理由だった。映画の音楽スーパーバイザーだったポール・ロスチャイルドがプロデューサーたちに再考を促したが、結果はノー。

 最終的にベット・ミドラーがこの曲を気に入り、映画に使われることとなった。一聴すると地味なこの歌の深みにはまる人が多かったのだろう。東西を問わず、この歌「ローズ」をカバーするアーチストは後を絶たない。

文・桑原亘之介

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ