生活情報のコラム

【コラム】寄生しているのは誰か? 映画『パラサイト 半地下の家族』

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 経済的には恵まれていなくても幸せを感じて暮らす人が、その貧しさを憎しみに変える瞬間がある。本人は受け入れていた貧しさを、他人におとしめられた時だ。誰しも一人では生きていけない。他人と支え合う時の“位置関係”が違うだけだ。格差という言葉をさまざまな位置から見つめ、昨年のカンヌ映画祭で最高賞パルムドールを受賞した『パラサイト 半地下の家族』が公開された。

 邦題の通り、半地下の部屋に住む4人家族が、あるきっかけを利用して次々に金持ちの家に“寄生”していく。家庭教師、家政婦、運転手…。就職難の中で、家族全員が仕事を得、収入もアップ。十分に満足する一家の長を演じるのは、光州事件の実話を元にした映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』で、ジャーナリストとともに真実を追い求める運転手を好演したソン・ガンホだ。控えめだが圧倒的な存在感を持つ彼が、クスっと笑えて楽観的な作品の前半を、見事にひっくり返していく。その折り返し地点でソン・ガンホが見せる抑えた表情は、『万引き家族』(是枝裕和監督)で、安藤サクラ演じる信代が事情聴取する刑事を見返す時の強い目に重なる。違う“位置”に立つ者の無理解と想像力の欠如に、平常心が保てなくなる瞬間の表情だ。

 中盤明らかになる重い秘密は、すべての登場人物の“位置関係”をその意思に関わらず変えていく。半地下の住居を水没させる豪雨も、高台の豪邸に住む富裕層にとっては、晴天前夜の恵みの雨。反転する風景の中で観客が見届けるのは、時代が変わり、形が変わっても、なくならない階級や格差と、そもそも社会の一角に“寄生”している主体は誰か、という問いかもしれない。

 本作は、オバマ前米大統領が、昨年暮れにリストアップした「2019年のお気に入り映画」にも数えられている。

Text by coco.g

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ