生活情報のコラム

【もぐもぐ】ひろがれ!弁当の日 学校給食の価値がわかる世代を育てよう

21給食風景12月 002

 日本全国の小・中学校で学校給食が整ってきました。いくつかの府県をのぞいて児童・生徒数の95%以上が学校給食を食べています。もう10年以上も前に「給食費を払わされているのに、食べるときに“いただきます”を言うよう子どもに指導するのはおかしい」という保護者の訴えがり、炎上したことがあります。「善意でしてもらったことに感謝の気持ちで言うのなら分かるけど、給食費を払っているのだから食べられるのは権利なのだ」というのが主張でした。

21給食風景12月 012

 献立から片付けまで、子どもだけに取り組ませる「子どもが作る“弁当の日”」の提唱者がある私が、この食育実践を始めたのは2001年です。19年後の今、学校数で言うと5%が取り組んでいます。私が“弁当の日”をスタートさせたのは「学校給食の向こう側」が分かる子どもを育てることでした。私は学校給食賛成派なのです。

 年間で数回の“弁当の日”に取り組んだ学校で何が起きたのでしょう。
「毎日、家族の食事を作ってくれているお母さんに感謝したい」
「自分が作った弁当より、学校給食は断然安い」
「給食は献立も多いし、栄養バランスもとれているし、おいしい」
「嫌いなメニューもあるけれど、作ってくれた人の気持ちが分かるから完食する」

21給食風景12月 016

 夏休み中に、3県の学校給食研究大会に講師として招かれました。そこで、「自分がおいしいと思った給食を、自宅で家族にも振舞いたいと思う子どもだちを育ててほしい」と訴えました。子どもたちはいずれ親になります。「こんなおいしい食事をわが子に食べさせたい」と思い行動に移ることが、生きる力を育てることになります。

21給食風景12月 004 21給食風景12月 025

 日本各地の学校給食には、必ず郷土料理の献立が入っています。そしてその郷土料理を作れない親世代が多い実態があります。“弁当の日”や学校給食を通して、地域の郷土料理を次世代に繋ぐことができるよう、積極的に取り組まねばならない時期が来ていると思っています。それは日本の農業や水産業を活性化し、家族の絆が深まり、子どもが健やかに育つ環境を整えていくことでしょう。

 

「弁当の日」提唱者 竹下和男

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ