生活情報のコラム

ビーチでの思い出の白い砂集めが違法に 禁固6年の可能性も

Aerial view of boats in port and city Castelsardo, one of the most beautiful city in Sardinia, Italy.

 夏の甲子園を去る球児たちが、持ち帰る球場の砂は大切な思い出。でも、南の島の白い砂、思い出をボトルに詰めて…は厳禁だ。地中海に浮かぶイタリア・サルデーニャ島で、夏のバカンスを過ごしたフランス人2人が帰国のフェリーに乗船する際、荷物からボトルに詰めた浜辺の砂が見つかり、罰金や禁固刑に当たる行為として調査を受けた。

 LCIなどフランスメディアが伝えたところによると、この二2人は8月15日、バカンスを終えてサルデーニャ島北部のポルト・トーレスからフランス・トゥーロンに向かうフェリーに乗船しようとした。だが、イタリアの税官吏が二人の車のトランクの中から、砂浜で集めたと思われる白い砂が入った14本のプラスチックボトルを発見。まずはどこの砂かを調べるために身柄を拘束された。砂は南サルデーニャのキアのもので、全部で約40キロあったという。

 2人は、浜辺の砂を持ち帰ることが違法だとは知らなかったとしているが、イタリア当局は、砂をネットなどで売る目的がなかったか更に調べており、転売目的があれば刑罰を与えられる可能性もある。

 ちなみにサルデーニャ島では、砂はもちろん、貝殻や石なども含め、浜辺のものを持ち帰ることは違法行為。昨年も砂を持ち帰ろうとした男性が1,000ユーロ(約12万円)の罰金刑になっている。日本でも、たとえば沖縄の浜辺でサンゴを拾って持ち帰る行為などは禁止されているから、“思い出”を拾う時はご注意を。

Text by coco.g

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ