生活情報のコラム

【コラム】サスペンスとしての政治を描く社会派エンターテインメント 映画『新聞記者』

(C)2019「新聞記者」フィルムパートナーズ
(C)2019「新聞記者」フィルムパートナーズ

 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』や『記者たち』、『バイス』など、アメリカだけ見ても政治がエンターテインメントの主題として成立している海外の映画に比べ、邦画はなかなか“政治劇”を扱わない。そう思っていた人々が劇場を埋めている。公開されている映画『新聞記者』は、日本で、喜劇やサスペンスの題材として政治を正面から扱ういわゆる“社会派エンターテインメント”の先鞭的役割を秘めた作品だ。

 官房長官の記者会見で質問を繰り返し、“食い下がる”ことで有名になった東京新聞記者、望月衣塑子氏の本、『新聞記者』が作品製作の端緒。大学新設計画に関わる極秘情報のリークや、首相に近い男性の強姦疑惑もみ消しと、記者会見で被害を訴える女性など、現実を彷彿(ほうふつ)とさせる要素を土台に、政権がひた隠そうとする“事情”に迫ろうとする記者の実直な人柄や、内閣情報調査室の裏側を知った若手官僚の苦悩を描き出す。

 情報操作の任務を遂行するため、キーボードを打ち続ける人々が並ぶ無機質な部屋で、「この国の民主主義は形だけでいいんだ」と断言する内閣参事官・多田の言葉は、恐ろしくも現実味を帯びていて重い。ある意味、物語の軸を握っているこの人物のすごみは、アメリカ同様多くの政治エンターテインメントがつくられる韓国で製作された『1987 ある闘いの真実』で、学生の拷問致死を隠匿する治安本部所長の姿に重なる。記者と若手官僚の素朴な善意が前面で扱われる一方で、彼らが闘いを挑む“闇”に生きる人間の、見えない哀しみを想像せざるを得ない点も同じだ。

Text by coco.g

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ