生活情報のコラム

喫煙中に電子タバコが爆発 米・17歳少年のあご砕ける

Vaping "smoking" E-Cigarette. 日本でも広がりを見せている電子タバコ。あなたの家庭や職場にも、通常のたばこ(葉たばこ)の代替品や禁煙グッズとして利用している人がいるのでは? たばこの葉を使用する加熱式たばこから、リキッド・カートリッジ・使い捨てタイプなど、電子タバコ類といってもいろいろあるから、使い始める前にその種類や効能・リスクをきちんと把握しておこう。

 その参考になるニュースを2つ。米・CNNによると、アメリカ・ネバダ州のある町で、17歳の少年が吸っていた電子タバコが爆発し、あごの骨が砕ける事故があったという。6月19日(水)に米医学誌に事故の報告があった。少年は約400キロ離れた病院で手術を受け、骨の再建治療が行われた。病院の治療責任者は「ポケット内や顔の近くで爆発する可能性があることを、(電子タバコ)購入前に知っておく必要がある」と話している。

 また、AP通信などの米メディアによると、米西海岸のサンフランシスコで、市内での電子タバコの販売を禁止する条例案が全会一致で承認された。可決には最終承認が必要となるが、条例が施行されれば電子タバコの販売を禁止するアメリカ最初の市となる。サンフランシスコでの動きは、若者の間で流行している電子タバコに歯止めをかけるのが狙いだ。米国疾病管理予防センター(CDC)の報告では、高校生の5人に1人が電子タバコを使用したことがあるという。多くの専門家は、葉たばこに比べて電子タバコは発がん性物質が少なく、有害性は低いとしているが、電子タバコのリスクについては注視する必要があると主張する研究者もいる。

 

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ