生活情報のコラム

大統領はハンバーガーがお好き もはや恒例?のホワイトハウスのおもてなし

イメージ
イメージ

 前回は連邦政府機関が閉鎖されていたから、という理由だったが、今回は違う。トランプ大統領が「選んだ」マクドナルドのハンバーガーで、ホワイトハウスのおもてなしパーティが執り行われた。

 CBSスポーツなど各紙が伝えたところによると、アメリカンフットボールの大会で優勝したノースダコタ州立大学「バイソン」の選手たちは4日、ホワイトハウスを表敬訪問しトランプ大統領のもてなしを受けた。公式な夕食会が開かれるダイニングルームで、リンカーンの絵画の前で撮影された一行の前のテーブルには、山盛りの「ビッグマック」やチキンサンドイッチ、たくさんのフライドポテト。実は今年1月にも、クレムソン大の選手たちがハンバーガーやピザなどで同様のもてなしを受けたが、当時は、メキシコ国境の壁建設をめぐって議会が紛糾、連邦機関が閉鎖されていたため、食事の準備ができないという理由だった。でも今回はトランプ大統領の“積極的な”選択。

 「シェフを呼ぶこともできたが、私は君たちをよく知っているので」と大統領。ホワイトハウスの担当医によると、72歳の大統領は身長1メートル90、体重110キロ、今年に入ってすでに2キロ太ったというが、健康状態は良好で、「肥満のカテゴリーに足を踏み入れた」程度だそうだ。

text by coco.g


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ