生活情報のコラム

知る機会が少ない大事な話【この人に聞く!】 起業・結婚・出産を同時にこなしたIIGR代表・深見真希さん(3)

IAEM JAPANの名誉会長でもある森まさこ参議院議員(左)と深見さん(右)。
IAEM JAPANの名誉会長でもある森まさこ参議院議員(左)と深見さん(右)。

 京都大学・同大学院で、組織論から見た危機管理学を研究した深見真希(ふかみ・まき)さん。研究成果を生かすために、2012年にシンクタンクであるIIGR(International Institute of Global Resilience)を設立。国際危機管理者協会(IAEM)の初代日本代表を務めたほか、これまでに国内の自治体や民間企業・大学などのクライアントに対し、危機管理に必要なノウハウを伝えてきている。

――母として、妻として

 深見さんの経歴・実績は、一人の学者として見ただけでも非常に卓越しているが、さらに驚くのは、5~6年という短い期間に、国際結婚・起業・2度の出産という、人生における大きなイベントをいくつも同時にこなしていることだ。

当時を振り返って深見さんはこのように話す:

 「長女の時は起業して間もなくであった上に、国際結婚・妊娠・外国での生活と、すべてが初めてづくしで、かなりのストレスだった。(アメリカは出産後の入院期間が一般的に短く、)22時間の難産であったにもかかわらず、2日で私は退院した。一方、長女は黄疸の症状が出てしまい、そのまま別の病棟に。私は患者としてではなく子どもの付き添いとして、さらに3日間病院にいたが、付き添い者用のベッドはなく、出産直後の体で椅子に寝泊まりする生活だった。

IIGRの仕事もたまっており、産後5日目には、クライアントとメールでやり取りをしていた。夫婦ともに慣れない育児・家事、そして立ち上げたばかりの仕事が加わり、当時はケンカが絶えなかった。アメリカ人である夫は、(日本人男性と比べて)育児・家事への抵抗は少ないはずだが、男性はそもそも素養がない。結局、自分がやった方が早かったりして、最初は自分ですべてを背負い込んでしまった。」

――起業を目指す人、特に女性へのメッセージ

 「産後はうつに近い状態の時もあったし、過労で死ぬかも、と思ったこともあった。ただ、起業を含めてやりたいことがあるのであれば、やった方がいい。ダメになったら、一旦休んでまた再開すればいい。(失敗を)怖がる必要はない。(出産などは)身体的なリミットがあるが、どれも諦めないで。仕事は後から何とかなる。もっとも、私は自分に手をかけなさ過ぎた。夫や周囲のサポートをどんどん利用して、手を抜けるところは抜く。私のようにストイックにはならず、時には自分を甘やかしてください。

 学生の時は結婚願望がなく、子ども嫌い。論文が自分の子どものような仕事人間だった。そんな私にとって、今は子どもたちが自分のすべて。一緒に過ごす時間をとても大切にしている。」

 IAEM JAPANは、昨年10月に新体制がスピンオフ。今年3月には第1回危機管理研修会を東京で開く。深見さんは今後、日本だけではなくアジアのほかの国でも、危機管理スペシャリストの育成に携わっていければと考えている。

今年1月に京都大学で行った授業の様子(中央が深見さん)。© Global Social Entrepreneurship, Graduate School of Management, Kyoto University 2019
今年1月に京都大学で行った授業の様子(中央が深見さん)。© Global Social Entrepreneurship, Graduate School of Management, Kyoto University 2019

*深見真希(ふかみ・まき)氏
 京都大学博士(経済学)、社会起業家。カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校およびジョージワシントン大学客員研究員、海上保安大学校客員研究員など歴任後、2012年、米国ワシントンDCへ移住。ワールドクラスの危機管理プログラムを提供するグローバルレジリエンス研究所(IIGR)を立ち上げ、新アメリカ安全保障センターやスティムソンセンターなど、米国の主要シンクタンクとの共同プロジェクトを率いる。創立5周年を迎えた2017年には、元FEMA長官Craig Fugate氏と森まさこ参議院議員・自民党治安テロ対策調査会長(当時)を特別ゲストに、東京・ロングビーチ・ワシントンDCの3都市で5カ月間にわたるイベントを開催。2013年、国際危機管理者協会より初の日本代表に指名。2016年、フォーブスジャパンが選ぶ「世界で闘う日本の女性55」に選出。
 アメリカ・MD州在住、2児の母。

(M.O.)


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ