生活情報のコラム

ボジョレー・ヌーボー解禁! 平成最後の大人な“ボジョレーパーティ”はいかが?

にこやかに楽しむワイン723 
 毎年この時期
の一大イベントいえば、ボジョレ・ヌーボー(以下、ボジョレー)の解禁! 一人でしっとり飲むのもいいけれど、せっかくだから今年は“ボジョパ”ことボジョレーパーティをしようということで、オーヴォ編集部では解禁日15に合わせ、ちょっとゴージャスなオトナのボジョパを開催。「バブルの頃はボジョレーを“樽ごと”買ってパーティをしたなぁ」という人もそうでない人も、“あの頃”を思い出し、仕事の鬱憤を忘れる楽しいひと時を過ごした職場で、家庭で、仲間たちと、盛り上がること間違いなしのボジョパ。その一部始終をリポートする

ボトル集合
 ボジョレー・ヌーボーとは、
その年のブドウの出来栄えの指標となる新酒のことだが、今年は「素晴らしいヴィンテージへの期待高まる」(ボジョレワイン委員会)と評価だという百聞は“一飲”にしかずということで早速、各種ボジョレーを用意

料理集合

 昨年編集部が開いたボジョパは若者向けだったが、今年は“オトナのボジョパ”をコンセプトに、デパ地下を中心におつまみを調達してみた。内容は、チーズやオリーブなどの定番から、ローストビーフ、カルパッチョ、キャビアまでいろいろワインのお供に、バゲットに乗せておいしくいただこう 
乾杯1

 料理もそろったことで、早速みんなで乾杯! 他部署からも続々と人が集まり、所属の垣根を越えたパーティが始まった。

縦位置料理&ボトル
乾杯3

 ボジョパ参加者からは「ボジョレーと言っても色々な種類があるから、解禁に合わせてみんなで集まって、品評会みたいに盛り上がれるのが楽しい」(30代女性)、「解禁きっかけいろんな人たちが集まって、そこで会話が生まれるので、季節のお祭りのようでワクワクする」(20代女性)、ボジョレーは、若さの中にも渋みのある味で、まさに恋と同じ味」(50代男性)といった声が寄せられた。

歓談風景1

ボトル指差し人物

 17時に開始したボジョパは大盛況夜更けまで続いた。すっかり出来上がってしまった人もいが、新しい人間関係もできあがったようで何より秋の夜長に、気の置けない仲間たちと、いつもの飲み会とは一味違うオトナのボジョパで盛り上がってみてはいかが?
ボトルイメージカット2


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ