生活情報のコラム

帰省の旅費、夏期講習代に疲弊!? 理想の世帯年収はいくらあればいい?

International banknote background for global currencies concept for money exchange business 子どもたちが待ちに待ったうれしい夏休み。しかし親にとっては、帰省や子どもの夏期講習など、何かと物入りな時期でもある。そこでお財布には厳しい季節を控えた今、OVO編集部は「理想の世帯年収は?」という調査をしてみた。

 調査は、J:COMの投票機能を使って7月に実施したもので、647人から回答を得た。1位は「1,000万円以上」(30%)で3割の人が1000万円以上の年収を望んでいることがわかった。以下、「600~799万円」(22%)、「500~599万円」(20%)、「800~999万円」(12%)、「400~499万円」(9%)、「300~399万円」(7%)と続いた。

 今回の調査では、理想の年収は1000万円以上がトップだったが、国税庁の民間給与実態調査(平成28年分)によれば1000万円以上の給与所得者は僅か約4%という数字…。1人で年収1000万円以上を稼ぐのは容易ではないが、夫婦共稼ぎなら、理想の世帯年収に近づくこともできるかもしれない。しかし、そこで問題になるのが「家事分担」問題。日本の男性が家事に費やす時間は、先進国と比べると低水準で、女性にとって家事負担は働く上での大きな障壁でもある。「理想の年収のために副業をしようにも、家事やら子育てでそれどころじゃない…」という人も多いはず。8月はお盆やら何やらで何かと出費が多い時期。家事分担、足りないお金の悩み、理想の年収のためにできることについて、夫婦で話し合ってみるのもいいかもしれない。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ