生活情報のコラム

自然とふれ合え、鯨文化を継承する室戸は居心地のいいところだった 【室戸に行ってきました 後編】

「第31回土佐室戸鯨舟競漕大会」のようす。赤い旗が振られるとスタートです。
「第31回土佐室戸鯨舟競漕大会」のようす。赤い旗が振られるとスタートです。

遊歩道を自分の足で歩いて室戸の自然を満喫

 OVO編集部のKです。「むろと廃校水族館」というネーミングに強烈にひかれて東京から高知県室戸市にやってきました(前編参照)。居心地のいい水族館にもっと滞在していたかったのですが、せっかく訪れた室戸です。いろんな場所に行ってみたいと思って次に訪ねたのは、水族館から車で5分足らずの「室戸世界ジオパークセンター」です。 

「室戸世界ジオパークセンター」の建物も、実は廃校になった中学校を利用して作ったものだとか。でも、かなりリノベされているので、廃校水族館と違って学校らしさはほとんど感じられません。
「室戸世界ジオパークセンター」の建物も、実は廃校になった中学校を利用して作ったものだとか。でも、かなりリノベされているので、廃校水族館と違って学校らしさはほとんど感じられません。

 

 ジオパークとは、「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉で、地球(ジオ)を学び、丸ごと楽しむことができる場所のことです。現在、日本には43の「日本ジオパーク」がありますが、そのうち9地域がユネスコの認定した「世界ジオパーク」で、ここ室戸一帯もそうなのです。

 「室戸世界ジオパークセンター」は情報収集やツアー申し込みもできる観光拠点であり、室戸の地形・地質や気候、歴史や文化、産業を学ぶことができる展示施設でもありますが、正直言ってここだけ見ても教科書を読んでいるようでつまらないかもしれません。ここで情報を集めて野外のジオパークでフィールドワークしたあと、再び戻ってきて展示を見れば「室戸世界ジオパークセンター」を10倍楽しめるはずです。私も、「むろと廃校水族館」に行ったあとだったので、「へえ~室戸の海底ってこうなってるんだぁ」とか、「こういう地形だから、あの魚たちはこの辺の定置網でとれたのかな」などと、海に関連する部分の展示を非常に興味深く見ることができました。

「室戸世界ジオパークセンター」には、室戸の海底を立体的に見ることができる3D地図が。これを見ると、室戸 沖の海底がかなり深くなっていることが実感として分かります。
「室戸世界ジオパークセンター」には、室戸の海底を立体的に見ることができる3D地図が。これを見ると、室戸
沖の海底がかなり深くなっていることが実感として分かります。
地震の話題でよく聞く“南海トラフ”も、この地図ならイメージがすごくよくつかめます。
地震の話題でよく聞く“南海トラフ”も、この地図ならイメージがすごくよくつかめます。
写真は海底から採取した「コア」と呼ばれる地層サンプル。これを調べれば過去の地球環境がよく分かるのです。高知には世界3大コア保管庫のひとつ「高知コア研究所」があるそうです。
写真は海底から採取した「コア」と呼ばれる地層サンプル。これを調べれば過去の地球環境がよく分かるのです。高知には世界3大コア保管庫のひとつ「高知コア研究所」があるそうです。
室戸は陸地から深海までの距離が近い特殊な地形なので、ミネラル豊富な海洋深層水を取水しやすいんですね。
室戸は陸地から深海までの距離が近い特殊な地形なので、ミネラル豊富な海洋深層水を取水しやすいんですね。

 

 次に向かったのは、空海が若き日に悟りを開いたとされる「御厨人窟(みくろど)」と「神明窟(しんめいくつ)」。口の中に明星が飛び込んでくる神秘体験をし、ここから見える空と海に感銘を受けて「空海」と名乗るようになったという歴史的な場所です。空海がどんな風景を見ていたのか追体験したかったのですが、残念ながら落石のため現在は立ち入り禁止になっていました。

空海が若き日に悟りを開いたとされる「御厨人窟(みくろど)」の入り口。気のせいか荘厳な雰囲気が漂います。残念ながら現在は立ち入り禁止でした。
空海が若き日に悟りを開いたとされる「御厨人窟(みくろど)」の入り口。気のせいか荘厳な雰囲気が漂います。残念ながら現在は立ち入り禁止でした。

 

 1日目の最後は室戸岬を散策しました。室戸岬といえば、灯台のある風景を勝手に想像していたのですが、岬は岩だらけの海岸。灯台は背後の丘の上に立っていました。海岸線沿いには約2.6kmの乱礁遊歩道が設けられ、コース内はダイナミックな地層や地形、南国特有の珍しい亜熱帯植物などが観察できます。なかでも、岩の間に根を張り大きく枝を伸ばした「アコウの木」は、 幻想的かつ生命力にあふれ、最も大きな木のある場所は地元ではパワースポットという人もいるとか。変化にとんだ遊歩道はデートコースとしてもおすすめです。

室戸岬の突端は岩の多い海岸になっています。
室戸岬の突端は岩の多い海岸になっています。
灯台は背後の丘の上に立っているようで、海岸からは頭だけが見えました。
灯台は背後の丘の上に立っているようで、海岸からは頭だけが見えました。
室戸岬周辺の海岸には奇岩がたくさんあって岩好きにはこたえられません。写真はタービダイト層と呼ばれる、岩が層状になっている岩石。
室戸岬周辺の海岸には奇岩がたくさんあって岩好きにはこたえられません。写真はタービダイト層と呼ばれる、岩が層状になっている岩石。
奇岩や珍しい植物をたくさん見ることのできる乱礁遊歩道は変化にとんでいてオススメの散歩ルートです。
奇岩や珍しい植物をたくさん見ることのできる乱礁遊歩道は変化にとんでいてオススメの散歩ルートです。
亜熱帯植物のアコウ。根と枝を大きく伸び広がった姿は幻想的です。
亜熱帯植物のアコウ。根と枝を大きく伸び広がった姿は幻想的です。

 

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ