生活情報のコラム

ぴあ映画初日満足度ランキング 音楽ドキュメンタリーが人気

『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』 (C)2017 Broad Green Pictures LLC
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』
(C)2017 Broad Green Pictures LLC

 ぴあ映画生活は、7月20日、21日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。

 それによると、第1位は、日本でも大ヒットした音楽ドキュメンタリーの続編で、メンバーたちの“その後”と彼らの音楽的ルーツを、キューバ音楽の歴史・文化と共に映し出していく『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』となった。「政治的な部分を含みつつも純粋にキューバ音楽の魅力あふれる作品になっていた」(52歳・主婦)、「音楽が素晴らしいのは大前提にあるが、表情や言葉が魅力的でグッときてしまった」(65歳・放送業界)などのコメントが寄せられた。

 第2位は、伝説のフラメンコダンサーの波乱に満ちた人生に迫るドキュメンタリー『ラ・チャナ』。「普段の生活の中の何気ない瞬間の中でも彼女がいる所には必ずリズムが生まれる。踊ることへの執念がすごい」(35歳・会社員)、「暴力や病気などに抑圧されながらも踊る姿に感動した」(73歳)などのコメントが寄せられた。

 第3位は、カタルーニャを舞台に、新しい家族と暮らすことになった少女のひと夏を描いた『悲しみに、こんにちは』だった。「人それぞれ悲しみはあって、それを乗り越えるためにはとても時間がかかるということが丁寧に描かれていてよかった」(23歳・保育士)、「日常の中での人間関係の細かな心の機微を映し出した映画だった」(40歳・会社員)などのコメントが寄せられた。

************************************

1位『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』91.8点

2位『ラ・チャナ』91.1点

3位『悲しみに、こんにちは』87.0点

4位『未来のミライ』81.9点

5位『スティルライフオブメモリーズ』81.6点

6位『BLEACH』81.4点

7位『クレイジー・フォー・マウンテン』78.8点

8位『人間機械』77.8点

(7月21日ぴあ調べ)

************************************

 ぴあ映画初日満足度調査は、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表している。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ