生活情報のコラム

結婚をしたいと思った決め手は? やはり気の置けない人でないと・・・

 ウエディングをはじめ「人生の記念日」をプロデュースするアニヴェルセル(横浜市)が、「あ、この人と結婚するかもしれない。もしくは、したいと思った理由は何か」というアンケート調査を実施した。調査対象は、全国の20代~30代の既婚男女412人。それによると、結婚の決め手で多かったのは・・・。

 トップとなったのは「自然体でいられると感じたとき」(43.4%)。4割以上の人が選んだ回答だが、長い生涯一緒にいるなら、やはり気の置けない人でないと続かないということか。納得のいく調査結果となった。

 2位は「自分の為に何かをしてくれたのを感じたとき」(21.4%)で、自分に向けられて差し伸べられた手、自分に向けられた眼差しや好意は、たとえそれが偶然のものであっても、ビビビっとくるもの。これも理解できる。

 3位は「自分と価値観が似ていると思ったとき」(14.6%)。当然と言えば当然だが、同じ価値観をもっていると分かれば、相手に興味を持つものだろう。

 以下、「自分に無いものを持っていると感じたとき」、「運命的な第一印象を感じたとき」(いずれも6.8%)、「意外性を感じたとき」(4.1%)と続いた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月6日開催)

川崎フロンターレ 3-2 ソニー仙台FC   水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC   湘南ベルマーレ 1-0 北海道教育大学岩見沢校   V・ファーレン長崎 2-1 松江シティFC &nb … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ