生活情報のコラム

【スピリチュアル・ビートルズ】 クリスマスもやっぱりビートルズ!

復刻された7枚のシングルとブックレット。
復刻された7枚のシングルとブックレット。

 熱心なファンの間では有名だったが、一般的にはあまり知られていなかったビートルズの音源が復刻された。1963年から69年まで毎年、英国のオフィシャル・ファン・クラブの会員にクリスマス・プレゼントとして送っていたレコード(当時はソノシート)である。

復刻シングルを収めた『ザ・ビートルズ クリスマス・レコード・ボックス』。
復刻シングルを収めた『ザ・ビートルズ クリスマス・レコード・ボックス』。

 ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人からのクリスマスおよび新年のメッセージが、彼らならではのユーモアもたっぷりに語られている。寸劇、替え歌などの「おふざけ」も存分に聞ける。

 63年のメッセージでは、「プリーズ・プリーズ・ミー」が英ヒット・チャートの1位になり、人気テレビ番組「サンデイ・ナイト・アット・ザ・ロンドン・パラディアム」でトリを務め、英国王室を迎えての演奏会「ロイヤル・バラエティー・ショー」に出演するなど、「信じられない」年になったと喜びを爆発させていたジョンをはじめ4人の声が初々しい。

 67年のレコードには、ビートルズのクリスマス・ソング「クリスマス・タイム(イズ・ヒア・アゲイン)」が収められている。この歌はビートルズが自分たちの歴史を振り返るという90年代のアンソロジー・プロジェクトで掘り起こされ、彼らの「再結成」第一弾CDシングル「フリー・アズ・ア・バード」に収録されていた。

 解散間近の69年にはオノ・ヨーコも登場。かなりの部分をジョンとヨーコのメッセージが占めるなど、ファンには複雑な思いを抱かせる。これがビートルズのファンへの最後のクリスマス・レコードとなってしまっただけに、である。

 だが、解散後のビートルたちのクリスマス・ソングの中で最も知られているのは、71年12月に発表されたジョンとヨーコの「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」だろう。

シングル「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)/ジョン&ヨーコ」。
シングル「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)/ジョン&ヨーコ」。

 これは、69年12月15日にローマ、パリ、ベルリン、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、アムステルダム、モントリオール、トロント、東京など世界主要12都市に「WAR IS OVER!/IF YOU WANT IT/Happy Christmas from John & Yoko」と書かれたポスターを一斉に張り出した二人の共同平和キャンペーンを歌にしたものだ。

 「戦争は終わる/もしあなたがそう望むなら」というメッセージは、悲しいかな、争いの絶えない世界において、希望を想い描くことの重要さを訴えたことで広く共感を得て、今やクリスマス・ソングの定番となっている。ハーレム・バプティスト教会聖歌隊の子供たちのコーラスも、この作品に重厚さとともに無垢(むく)な味わいを加えている。

ジョンとヨーコの発信したメッセージはポストカードにもなっている。
ジョンとヨーコの発信したメッセージはポストカードにもなっている。

 ジョンは80年、この歌について次のように語っていた。

 「メッセージはいつも同じだ。ぼくらにもボタンを押す人間と同じように責任があるってことさ。何者かがぼくらに力を与えたり、奪ったりするのだとか、何者かがぼくらを戦争に行かせたり、行かせなかったりするとか。天の神は別個の存在だとか、国家や宗教でぼくらはみんな区分けされているとかいう考え方、そんなのは、みんなゴミと同じさ」

 「誰かに何かをさせられているから、自分の意思が通せないと考えている限り、世の中を動かせっこないさ」(『ジョン・レノン PLAYBOYインタビュー』集英社)。

 かたや、ポールのクリスマス・ソングも今ではすっかりスタンダード化している。79年12月リリースの「ワンダフル・Xマス・タイム」である。シンセサイザーを効果的に使い、季節感たっぷりなムードの中で歌い上げられているハッピーな楽曲である。B面には「赤鼻のトナカイ(レゲエ・バージョン)」が収録されていた。

シングル「ワンダフル・Xマス・タイム/ポール・マッカートニー」のジャケ違い。
シングル「ワンダフル・Xマス・タイム/ポール・マッカートニー」のジャケ違い。
シングル「ワンダフル・Xマス・タイム/ポール・マッカートニー」のジャケ違い。
シングル「ワンダフル・Xマス・タイム/ポール・マッカートニー」のジャケ違い。

 74年12月に発表されたジョージの「ディン・ドン」もクリスマス・シーズン向けの歌である。「ディン・ドン」(Ding Dong)とは鐘の鳴る音のことで、「ジャンジャン」、「カーンカーン」、「チーンチーン」などと訳せるが、ジョージは「鐘の音とともに古きを送り出そう、新しきを迎え入れよう」と歌った。アルバム「ダーク・ホース」のB面一曲目に収録されていた「自信作」だったが、知名度はいまひとつである。

シングル「ディン・ドン/ジョージ・ハリスン」。
シングル「ディン・ドン/ジョージ・ハリスン」。

 最後にリンゴ。そのリンゴがやってくれた! 素晴らしいクリスマス・アルバムを作ったのだ。99年にリリースされた『アイ・ウォナ・ビー・サンタクロース』は全12曲すべてがクリスマス・ソングという徹底ぶり。オープニングを飾る「カモン!クリスマス」は力強いドラムスが印象的なナンバー。この歌を含め6曲をリンゴが仲間と書き、残る6曲は「ホワイト・クリスマス」、「ブルー・クリスマス」などのスタンダード曲だ。

 このアルバムでは、ビートルズの「クリスマス・タイム・イズ・ヒア・アゲイン」をリンゴがセルフ・カバー。「静かな宵に」という、シタールなどを使ったインド音楽調の楽曲で、この幸せ感あふれるクリスマス・アルバムは締めくくられる。

 リンゴが「サンタになりたい」とCDジャケットでもサンタに扮(ふん)しているわけだが、彼の明るいキャラクターはまさにうってつけ。思いがけず(?)ご機嫌なアルバムに仕上がっており、ビートルズ・ファンならばぜひ一聴をおすすめしたい。

『アイ・ウォナ・ビー・サンタクロース/リンゴ・スター』。
『アイ・ウォナ・ビー・サンタクロース/リンゴ・スター』。

(文・桑原亘之介)

 

 

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ