生活情報のコラム

のんびり光の街を行くのもまた楽し クリスマス前の“夜散歩”

表参道のイルミネーション。
表参道のイルミネーション。
表参道ヒルズの中も色とりどり。
表参道ヒルズの中も色とりどり。

 クリスマスまであと少し。イブや当日は予定がいっぱい? そうでなくても、あちこち混雑でのんびり街歩きは難しい。少し早いけれど、今のうちに“無計画”な東京散歩を楽しんでみては。今やイルミネーションの名所は数知れず、行き当たりばったり車を走らせ、ご飯を食べれば、一足先にクリスマスを満喫できる。

 早めの時間に行った方がいいのは、表参道。電飾が22時で消えてしまうからだ。90年代にスタートした表参道並木のイルミネーションは、一時期中止になったり、灯ろう型で和テイストのものに変わったりしたが、現在のオーソドックスな電飾がやはり一番人気。今年は7年ぶりの全域点灯だ。

 150本のケヤキに、シャンパンゴールドのLED90万球。道幅が広く、まっすぐで距離の長い並木のイルミネーションは、色や形に凝った最近のものに比べシンプルだけど、ため息ものの美しさ。歩道橋はたくさんの人が上で立ち止まると危険だからか、上れなくなっているし、横断歩道にも警備の人が配置されており、中央分離帯で真ん中から眺める時間はあまりない。並木中央の眺めは車で走るのが一番だ。もっとも、歩きの散策ができるなら、表参道ヒルズの中も色とりどりの飾りを楽しめるから、立ち寄ってみよう。通り沿いのパーキングエリアなど埋まっているだろうと思いきや、案外いくつかの空きを発見。ついでに夕食なら、表参道入口にオープンしたばかりの「ザ ストリングス 表参道」の「カフェ&ダイニング ゼルコヴァ」が便利。予約なしで、軽い夕食をサクッと食べられる。時間があるなら、この12月、2階にオープンしたばかりの「バー&グリル ダンボ」へ。窓の外全面が並木のイルミネーションだ。

 恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションは、24時まで。センター広場には、毎年おなじみの、フランス・バカラのシャンデリアが鎮座する。反対側を向けば、時計広場のツリーと並木。20時までだが、クリスマスマルシェも出店している。

恵比寿ガーデンプレイスもスマホを構える人が次々に。
恵比寿ガーデンプレイスもスマホを構える人が次々に。

 そのまま都心に車を走らせれば、丸の内・仲通りのイルミネーションも楽しめる。ここは24時まで。通りは一方通行だが、車で走ることはできるし、途中で脇道に入れば少しだけ“写真タイム”も確保できる。

丸の内。
丸の内。
丸の内のビルの中も、夜はフォトスポット。
丸の内のビルの中も、夜はフォトスポット。

 変わったところでは、池袋の立教大学。1919年建造、東京都の歴史的建造物に選定されている本館前の2本の巨大なヒマラヤ杉に、毎年イルミネーションが灯る。通常は22時消灯、24、25日は翌朝まで点灯される予定だ。 

立教大学。
立教大学。

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ