生活情報のコラム

ワイン初心者からこだわり派まで楽しめる 2017年ボジョレー ヌーヴォー飲み比べ

数種類を並べるとテンションも上がります
数種類を並べるとテンションも上がります

 2017年のボジョレー ヌーヴォーが、16日に解禁されました。一時のブームのような盛り上がりはないとしても、やはり初物好きの日本人、あちこちで「ボジョレー飲まない?」なんていう声も聞かれるのでは? OVO編集部でも、ボジョレー ヌーヴォーの飲み比べ大会を開催してみました。

■ところで、ボジョレー ヌーヴォーの解禁日とは?

 「ボジョレー ヌーヴォー」は、フランスのブルゴーニュ地方の南部の丘陵地帯、ボジョレー地区で作られる、その年に収穫されたブドウを使った“新酒”のワイン。なぜ解禁日が設けられているのでしょうか? サントリーによると、ボジョレー ヌーヴォーが世界で注目され始めた頃は、ワインの売り手たちがわれ先にと出荷を競い、質の悪いワインも出回ってしまったとのこと。そこで、1967年にフランス政府が、ワインの品質を下げないために「解禁日」を11月15日に設定。1985年には、「土日や祝日は仕事をしない安息日」というフランスの社会的背景により、現在の「11月の第3木曜日午前0時」に変更されました。また、日付変更線の関係上、日本では本国フランスよりも早く解禁日を迎え、いち早くボジョレー ヌーヴォーが味わえるそうです。

■4種類を飲み比べ

 サントリーから発売されているボジョレー ヌーボーは、ボジョレー地区のワインを一代で世界に知れ渡る名酒にまで磨き上げたジョルジュ デュブッフ氏によるブランド。さっそくOVO編集部で、タイプの異なる4種類のボジョレー ヌーヴォーの飲み比べに入りました。サントリーによると、「今年のフランスの夏は日照が長く、濃い目の味わいの出来」だそうですが、お味はいかに?

レッツ飲み比べ
レッツ飲み比べ

▼ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ロゼ ヌーヴォー ボジョレー パーティ 2017

 まずは、薄いピンクで見るからに飲みやすそうで、フォトジェニックなルックスも◎な「ロゼ」。デュブッフ社の自社畑を中心として手摘みブドウを1時間以内に破砕、醸造しているそう。OVO編集部員の感想は、「シードルのような爽やかな香り! キレがあって飲みやすく、お酒慣れしていない人にもお薦め」(30代女性)。生まれて初めてワインを飲んだという23歳女性も、「飲みやすくて、女子会の乾杯にぴったり。ポテトチップスなどとの相性もよさそう」。その他、「少し発泡性があり、キリッと冷やしてウェルカムドリンクにも」(40代男性)などの声が上がりました。

女子会の乾杯におすすめ!のロゼ
女子会の乾杯におすすめ!のロゼ

▼ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2017

 「ボジョレーの帝王」ジョルジュ デュブッフ氏が醸したヌーヴォー。バランスの取れた味わいの“ザ・ヌーヴォー”なのだとか「心躍るような果実味たっぷりのフレッシュでフルーティーな味わい」と説明書きにはありましたが、編集部員たちには、「軽い飲み口だが渋さもある」(30代女性)、「少し酸っぱい?」(20代女性)、「渋みが少なくて飲みやすい」(20代女性)、「フルーティーだね」(40代男性)など、人によって感じ方が多様でした。それだけ複雑な味わいということかもしれませんね!

▼ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー 2017

 ジョルジュ・デュブッフ氏が醸した、「ワンランク上」とのうたい文句のヌーヴォー。地区の仲でも、特に良質なブドウが収穫できるエリアのブドウを使用しているそう。華やかでありながら、繊細な香りと味わいが特長です。「ボジョレーならではのフレッシュな味わいはそのままに、香りに渋みを感じる。少し口の中に苦みが広がってくる感じ」(30代女性)、「チーズと合う」(20代女性)、「少しグラスを揺らして、空気を入れるとおいしいかも」(40代男性)なんていう声も上がりました。

▼ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス 2017

 デュブッフヌーヴォーの「最高峰」と称されるこちらのヌーヴォー。ジョルジュ・デュブッフ氏が、今年最良と思われるドメーヌ(生産者)を選りすぐり、アッサンブラージュ(組み合わせる、の意)したヌーヴォーだそうです。「香りが華やか。コク、深みもありつつ、フレッシュな味わいも両立している。ワインにこだわりを持つ愛好家でも満足できるのでは」(30代女性)、「ボジョレーなのに渋みが程よく効いている。ヌーヴォーの認識がちょっと変わるね」(40代男性)などと、軒並み高評価を得ていました。

こだわり派でも楽しめるという評価を得た「ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス2017」
こだわり派でも楽しめるという評価を得た「ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス2017」

 いかがでしたか? ワイン初体験者からこだわり派まで満足できるボジョレー ヌーボー。ぜひ皆さんも、親しい仲間と数種類のボジョレー ヌーヴォーを飲み比べして楽しんでみてください。

簡単なおつまみで気軽にボジョレーヌーボーを味わうのも楽しい
簡単なおつまみで気軽にボジョレーヌーボーを味わうのも楽しい

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ