生活情報のコラム

ホントに都心のど真ん中でキャンプ気分を味わえるのか  話題の“手ぶらバーベキュー”で試してみた

image001 最近、キャンプ禁断症状がでているOVO編集部のみゅうちぇるです。キャンプといえばたき火や豪快なバーベキュー料理が醍醐味ですが、最近は食材や機材など準備せず、都心のおしゃれな空間で楽しむ、“手ぶらバーベキュー”が人気ですね。キャンプに行けずに悶々としていたので、そこそこキャンプ気分で癒やされたいと思い、都内でいける手ぶらバーベキュー店舗を探してみることに。

 探してみると…トスカーナグリルをコンセプトに「グランピング気分でイタリアンバーベキュー!」が楽しめるという本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が6月10日、東京ドームシティ(文京区)にオープンしたのです。

 早速、豪快な肉料理とキャンプ気分に癒やされることを期待し、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」に行ってきましたのでご紹介致しましょう。

このエスカレーターで3階のカルビーノへ

 アクセスはJR・地下鉄三田線の水道橋駅からなんと、徒歩1分!「本当にこんな駅近にバーベキュー施設が?」と思ってしまいますが、東京ドームシティのミーツポートガーデンの3階に上がると、そこには緑の木々に囲まれた空間が広がります。

image005image007 開放感あるウッドデッキに白いテントを張ったバーベキューのスペースは爽やかな風が吹き抜けるので、「本当に水道橋?プチ軽井沢!?」と思ってしまいます(笑)

 後ろにあるパラシュートの乗り物を目に入れなければ「東京ドームシティ」にいることを忘れさせてくれます。

image009

手ぶらバーベキュー「CARVINO」の特徴は
 
ニューオープンした「CARVINO」は面倒な食材・機材の準備や後片付けなどすることなく、ストレスフリーでバーベキューが存分に楽しめます。名物は一度に2つの部位を楽しめる肉厚の「Tボーンステーキ」、”食べるられる国宝”「マンガリッツァ豚ロース」、そして「焼きオレンジ」をはじめとするイタリアンメニュー、専属ソムリエが仕入れた日本初上陸のイタリアワインの「PIGRO」です。リッチな気分で豪快な「塊肉」が楽しめます。

 今回、オーダーしたメニューは「フィオレンティーナプラン」(1人6500円)。プランの内容は名物のフィレンツェ風Tボーンステーキ、1ポンド牛リブロース、認定山形豚肩ロース、イタリア産サルシッチャ(生ソーセージ)、厚切り皮付きベーコン、グリル野菜盛り合わせ、グリル用オレンジ、イタリア産生ハム・サラミ盛り合わせ、バケット、イタリア産グリッシーニ、ピクルスという、かなりボリューミーなセットです。そして”食べる国宝”といわれているマンガリッツァ豚ロースをオーダー。

てんこ盛りの野菜
てんこ盛りの野菜
ピクルス、イタリア産生ハム・サラミ盛り合わせ
ピクルス、イタリア産生ハム・サラミ盛り合わせ

 

 店舗スタッフから焼き方などの説明を受け、一度に2つの部位を楽しめるという名物の「フィレンツェ風Tボーンステーキ」からグリルを開始。

image017 バーベキューに不慣れなひとでも焼き方や焼き時間を記したマニュアルがあるので安心です。この豪快な「塊肉」Tボーンステーキの焼き方は片面を2分間焼き、そのまま90度回転させ、さらに2分間火を通す。反対側も同様に火を通し、最後の2分間はグリルのカバー(フタ)をしてスモークする。

image019 そして両面が焼き上がりスモークされた肉にすぐさま、がっつきたいところですが、はやる気持ちを抑え、2分ほど肉を休ませるのが「旨み」を引き立たせるポイント。店員の話によると早々に肉を切ってしまうと、旨味成分が肉汁と一緒に出てしまうとのこと。また、肉の中心部はレアの状態がオススメで、マニュアルの規定の焼き時間でタイマーをみながら焼けば失敗はありません。

image021 そして2分程休ませた「フィレンツェ風Tボーンステーキ」を切り分けてみることに。Tボーンステーキの向かって右がサーロイン、左側部位がフィレ。一度に2つの部位が楽しめるのがうれしいです。

image023 見るからにおいしそうですよね。どちらの部位もまずは、そのまま食してみることに…。言うまでもなく、柔らかくジューシーな塊肉に悶絶です

image025 そして、この塊肉をイタリア式バーベキューに欠かせない、ジェノヴェーゼソース、生レモン、モンゴル原塩、バルサミコソース、トスカーナ風ハーブミックス、マレーシア産黒コショウ、EXVオリーブオイルの各調味料を使って味わってみることに。ちなみにイタリア式だから「焼肉のたれ」はありません。

image027 塩やバルサミコは当然、おいしいのですが、写真手前左のジェノヴェーゼソースが意外なおいしさです。肉はもちろん、どの野菜につけてもマッチします。気分はもう、トスカーナです。

image029ボリューミーな肉を堪能し、さらにさつまいもやトマトなどの新鮮な野菜と、生ソーセージ、ベーコンを次々とグリルへ投入していきます。

image031 そして、数分グリルしたのち、グリルのフタを締める。オーブン効果とスモークにより、しっかりと火が通り、焼き蒸すことで野菜も一段と甘みを増します。野菜嫌いな子どもも喜んでくれそうです。

image033 こちらはハンガリーの“食べる国宝”マンガリッツァポーク。ミュシュランの星付きレストランで提供されている豚肉です。おいしさは国宝級!?

image035image037 そして最後にバーベキューを締めくくる、本場イタリアで行われている「焼きオレンジ」。約10分ほど火を通して、中央が写真のように膨らんできたら食べ頃です。お肉を存分に楽しんだあとはなんとも爽やかな風味が口の中で広がります。ぜひ、キャンプやバーベキューでお試しを。

 というわけで都心のど真ん中で、手ぶらでバーベキューを存分に楽しんだわけですが、その他のプランはリーズナブルな「ピグロ」(1人4500円)、「トスカーナ」(1人5500円)があります。そして、150分も楽しめる「飲み放題」もプラス1500円で追加できます。またお子さんやお酒が飲めないひとには、500円で「フリードリンク」もあるのでうれしいかぎりです。

image039 キャンプやバーベキューに行きたいけど時間がない!準備や後片づけを考えると面倒!でもキャンプ気分を楽しみたい!なんていうひとは休日だけでなく会社帰りにも気軽に楽しめるので豪快な肉と緑の木々に癒やされること間違いなしです。都心のバーベキュー広場なので虫嫌いな女性も安心して楽しめます。そしてバーベキュー広場「カルビーノ」は子どもの遊び場が満載の東京ドームシティと直結しているので、子どもが飽きたら東京ドームシティで遊ばせることもできます。日頃、子育てや家事で忙しくしている奥さんをちょっと息抜きに連れて行ってあげたらパパの株も上がるかもしれませんね。この夏はおしゃれにイタリアンバーベキューを楽しんでみてはいかがでしょうか。

image041


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ