生活情報のコラム

【読書感想文って親子で取り組むと楽しいかも】(前編) まず最初はこんなことからはじめてみました

10778001478 7月に入り、「あの季節が近づいてきた…」と思っている子育て家庭も多いのではないでしょうか? それは、夏休みの宿題の定番“読書感想文”。特に小学校中学年ぐらいが微妙な年代。「低学年のときと同じレベルではまずい」という気持ちが親の方にもわき、それが子どもにとってのプレッシャーになることも。うまく感想文をまとめられない=宿題が全部終わらない我が子と一緒に、夏休み終盤にイライライライラ…なんていう事態は、やはり避けたいものです。

 そこで、筆者(40代女性)の息子が小学3年生だったときにやってみた、読書感想文攻略法をご紹介します。すばらしい感想文が必ず書けるという保証はありませんが、親子で楽しみながらある程度の形を作っていけると思います。

 このときの題材となった本は、あさのあつこさんの「バッテリー」全6巻(角川文庫)。野球と少年たちの友情や葛藤をテーマにしたこの作品、野球少年だった息子は一気に読破したものです。これだけの勢いで読みきったのだから、さぞかし感じるところがたくさんあるだろうと思い、「思ったこと、感じたことをそのまま書けばいいんだよ」と言ってしまったら、「何から書いていいか分からないんだよね~」と、そこから一歩も進まなくなってしまいました。そう、感じたことをそのまま書くというのは簡単ではないのです。特に多くのことを感じた場合には、何から書いていいのか分からなくても当然…。

 うーむ。本を読んで人は何を感じるのだろうか? 共感することや反感を持つこと、登場人物たちの人柄や考え方、行動、生き方…。というわけで、登場人物に関するこんな質問シートを作成してみました。

▼(主人公の天才ピッチャー)原田巧の好きな点(すごいと思う点)、嫌いな点(共感できない点)は?
▼好きだったり嫌いだったりする理由は?
▼自分と比べてどう感じる?
▼ピッチャー巧と、もう1人の主人公・キャッチャーの永倉豪以外に、印象に残った人物は?
▼印象に残った理由は?
▼この本読んで、今、どう思う? どんなことでも構わないよ。

 まず、息子から見て、主人公・巧の共感できない部分は、相手が強いか弱いかによって

 自分の投げる球が影響を受ける不安定な点だったそう。 その理由は「僕はいつも、先週よりは今週が、うまくなりたいと思って野球の練習に励んでいます(だから、相手によって気分が変わる巧に共感できない)」。分かる分かる! なんか、感想文っぽいぞ!

 そして、メイン登場人物以外に印象に残ったのは「ヨシサダ」くんだといいます。巧や豪と同じ中学の野球部で、おちゃらけキャラの吉貞伸弘くん。どんなところが印象に残ったのかと聞くと、「いつも勝手に、へんてこなラブストーリーとか作っていて、変だけど面白い」 。うーん、分かるけれどなんだか唐突です。そこで、全巻読んだ私も、今一度ヨシサダくんに思いを馳せてみました。

私「ヨシサダってさ、ふざけたことばっかり言ってるけど、あんた、こういう人って嫌い?」
息子「結構好きだよ」
私「なんで?」
息子「楽しくなるから」
私「じゃ、それ書けばいいじゃん」

 しばし感想文から離れて、息子の野球チームの話題で歓談。「ヨシサダくんって、あんたのチームのTくんと、なんか似てない?」 「Tはヨシサダほど野球うまくないけどね。 でもまあ、楽しいやつで、いいな」 などなど。そして、また感想文に戻りました。

私「巧と豪が気まずくなった時、ヨシサダたちって、どうしてた?」
息子「ヨシサダが2人を引っ張り出して、またキャッチボールして、ちょっと楽しくなったんだよ」
私「じゃ、それを書こう」

 結局、 「ヨシサダは、ふざけたことばっかり言っていて、うるさがられているけど、 巧と豪が気まずくなった時にも、2人を引っ張り出してキャッチボールさせたりしていて、 こういうやつもいなくちゃだめだなと思いました。」 となりました。 3年生でこれぐらい書ければ、もう道も半ばを越したも同然です。結果的に誘導になっているかもしれませんが、その過程で、登場人物に思いを馳せて親子で語り合ったことが、私自身、最高に楽しかったのでした。おそらく、1つのことについて誰かと色々と意見を交わして考える経験は、 考え方や、書き方について、自分なりのパターンを作っていく材料になるのではないかな、なってほしいなと願いながら、親子で1冊の本について共有する時間を楽しみました。

 さて、登場人物に関する思いがまとまったところで、後編では文字数を増やすために取った方策について書きたいと思います。 (つづく)


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ