生活情報のコラム

【スピリチュアル・ビートルズ】 ポールが歌う「宇宙的意識」とは? 禅の悟りとの関係性

『ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Withinコンサート2009』(Blu-ray)
『ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Withinコンサート2009』(Blu-ray)

 2009年4月4日、ニューヨークで「チェンジ・ビギンズ・ウィズイン」というタイトルのチャリティコンサートが開かれた。ビートルズの精神世界探求の師であった故マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの超越瞑想の普及を目的としたイベントであった。

 シェリル・クロウやドノバンらと並び、リンゴ・スターとポール・マッカートニーもそれぞれ出演、フィナーレでは共演も果たした。

 コンサートのハイライトとなったのが、ポールの作品で参加者一同で歌い上げられた「コスミカリー・コンシャス」であった。

『オフ・ザ・グラウンド/ポール・マッカートニー』
『オフ・ザ・グラウンド/ポール・マッカートニー』

 1968年にビートルズの面々がインドに瞑想修行のために行った時にポールが書いた作品で、断片的なものではあったが、初出は93年のアルバム『オフ・ザ・グラウンド』まで待たなければならなかった。「さあ、ぼくと一緒に宇宙的意識になろうよ」という歌詞で、瞑想の目的が宇宙的意識との同化であるというマハリシの教えを歌にしたものだ。

 ポールはマハリシの教えについて次のように語っていた。「瞑想することで、茎を下って活力の部分、つまり彼(マハリシ)が宇宙意識と呼ぶ栄養分に行き着くことが出来るというのだ。そこは至福の喜びと美しさに満ちている」(バリー・マイルズ著「メニー・イヤーズ・フロム・ナウ」ロッキング・オン刊)。

「メニー・イヤーズ・フロム・ナウ」(バリー・マイルズ著/ロッキング・オン)
「メニー・イヤーズ・フロム・ナウ」(バリー・マイルズ著/ロッキング・オン)

 普通の人々が犯す間違いとして、ポールは「何かしら他のことをして瞑想の時間を作らないから、結局そこに行きつけないままなんだよ」と言う。

 マハリシの超越瞑想を普及させリスクに常にさらされている人々のストレスの軽減やマネジメントを図ろうというデビッド・リンチ財団というのがあるが、同財団のホームページにはビル・クリントン元米大統領らと並び、ポールもサポートの言葉を寄せている。

 マハリシ言うところの「宇宙的意識」で思い出されるのが、禅の教えの中に出てくる「宇宙的無意識」(コスミック・アンコンシャス)である。

 鈴木大拙著の「禅と日本文化」(岩波新書)によれば、「芸術的または宗教的生活の秘密を把握するために実在そのものに到達せんと思うときには、『宇宙的無意識』となすところのものを持たなければならぬ」という。そして「『宇宙的無意識』は創造性の原理、神の作業場であり、そこに宇宙の原動力が蔵せられる」と続ける。

「禅と日本文化」(鈴木大拙著/岩波新書)
「禅と日本文化」(鈴木大拙著/岩波新書)

 禅の「悟り」というのは、「すべての創造能力がそこからわき出る『宇宙的無意識』への直覚だ。それは人間の心に備わり、芸術や宗教人の向上心、哲学者の研究心などの源である」と2016年11月19日付日本経済新聞夕刊で毛糠秀樹編集委員は書いた。

 鈴木大拙は言う。「『宇宙的無意識』は価値の庫だ。すでに創られているか、または、創られることになっている価値物のいっさいはここに貯えられる。その深みへくぐって行って自分の体験の真珠を持ってくるには芸術家たることを要する――そしてまた、人は誰も一種の芸術家である」。

 そして彼はこうも言う――「信仰(フェイス)は『無意識』への直覚の異名である」と。

 マハリシが唱えポールが歌う「宇宙的意識」と禅でいうところの「宇宙的無意識」とは同一のものなのではないだろうか。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月21日開催)

        鹿島アントラーズ 5-0 FCマルヤス岡崎   モンテディオ山形 1-0 V・ファーレン長崎   北海道コンサドーレ札幌 2-5 いわきFC & … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ