出版目録株式会社 共同通信社の出版物

アジアの平和と核

アジアの平和と核国際関係の中の核開発とガバナンス

広島市立大学広島平和研究所(編著) 
本体価格:
2,500円+税
刊行年月:
2019年1月
判型:
A5判/ページ数:336
ISBN:
978-4-7641-0710-6

内容紹介

アジアは「戦争のない地帯」と呼ばれるが決して「平和地帯」ではない。地域内の国家統治システム(ガバナンス・システム)は多様であり、一部の非民主的国家では著しい人権侵害が行われている。また、自国の安全保障のために軍拡競争が展開され、軍事的な緊張関係が慢性的に続いている―。広島平和研究所の研究員と共同通信の編集委員らが、世界の核の現状とともに、日本の安全保障政策、中国、北朝鮮、インド、パキスタンなどの核とガバナンスの現状を分析、地域平和の行方を考察する。

《主な内容》
序 論  今、なぜアジアの核とガバナンスを問うのか
第1部 特集テーマ 原爆投下と日本の安全保障政策
第2部 核兵器の開発と国際関係
第3部 人間の安全保障とガバナンス
第4部 アジアの平和と国際機構
第5部 資料編

著者略歴

広島市立大学広島平和研究所(ヒロシマイチリツダイガクヒロシマヘイワケンキュウジョ)

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ