出版目録株式会社 共同通信社の出版物

死刑でいいです
ノンフィクション・ルポルタージュ

「私は生まれてくるべきではなかった」。そう言い残して2009年夏、25歳の若者は死刑になった。

死刑でいいです孤立が生んだ二つの殺人

池谷 孝司(編著) 真下 周(著) 

2009年7月28日、16歳で母親を殺害し、少年院を出た後、再び大阪で姉妹刺殺事件を犯した25歳の若者の死刑が執行された。事件を起こした山地悠紀夫死刑囚は少年時代に広汎性発達障害と診断され、後に精神鑑定では人格障害とされた。二つの事件を通して、心に障害を持つ少年が犯罪に向かわずに済む方法はないかを探る。

本体価格:
1,400円+税
刊行年月:
2009年10月
判型:
4-6判/ページ数:286
ISBN:
978-4-7641-0604-8

内容紹介

「私は生まれてくるべきではなかった」。そう言い残して2009年夏、25歳の若者は死刑になった。16歳で母親を殺害し、少年院を出た後、再び大阪で姉妹刺殺事件を犯した山地悠紀夫元死刑囚。反省はしないが、死刑にしてくれていい。開き直った犯罪者の事件が続く。秋葉原の無差別殺傷事件、茨城県土浦市の連続殺傷事件・・・。彼らは他人と自分の死を実感できていたのか。死刑にするだけでなく、なぜそうなったのか、どうすれば防げるかを考えるべきではないか。そうでないとすぐ次の凶悪犯が生まれるだけだ。事件を起こした山地悠紀夫死刑囚は少年時代に広汎性発達障害と診断され、後に精神鑑定では人格障害とされた。16歳で母親を殺害した男が再び犯した大阪の姉妹刺殺事件を追い、日本社会のひずみをえぐりだす渾身のルポルタージュ。裁判員裁判が開始された今、一般市民が死刑の評決を下さなければならない時代。だからこそ読んでほしい一冊!

著者略歴

池谷 孝司(イケタニ タカシ)

共同通信・社会部教育班デスク。1988年、共同通信社に入社。松江支局、広島支局、大阪社会部を経て95年から本社社会部で教育班や東京地検を担当。大阪社会部次長の後、2009年5月から本社社会部次長・文部科学省キャップ。先輩に「妻たちの思秋期」の斎藤茂男、「かげろうの家」の横川和夫・保坂渉、「少年漂流記」の西山明、「未来なんか見えない」の佐々木央ら。

真下 周(マシモ ヒロシ)

2001年共同通信社に入社。札幌編集部を経て03年から大阪社会部。大阪府警捜査1課、サブキャップなどを担当し、遊軍記者。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ