炭酸水で割って自由な濃さで楽しむビール「ビアボール」 サントリービール、今秋発売

 

 サントリービール(東京都港区)はこのほど、炭酸水で好きな濃さにして楽しむビール「ビアボール」を発売すると発表した。業務用中瓶は飲食店限定で10月4日から、家庭用小瓶は11月15日から。アルコール度数は16%。中瓶は500ミリリットル入り、希望小売価格は税別862円。小瓶は334ミリリットル入りで同税別698円。

 ・「ビアボール」ホームページ:https://www.suntory.co.jp/beer/beerball/

 サントリービールは、自分のペースで心地よい“お酒時間”を楽しむ人が増えている一方、ビール市場は2004年以来17年連続で前年割れが続いており、消費者がビールに求める価値も変化していると分析。好きな濃さで自由に楽しむビールを発売することで、新たなカテゴリー創出に挑戦し、市場の活性化を図る。

 「ビアボール」は、氷や炭酸水を入れても感じられるビールのおいしさと、時間が経過しても崩れない味わいと香りのバランスが特徴。麦芽のうまみと深いコク、フルーティーで爽やかな香りを自分好みの濃さで楽しむことができるという。パッケージは、ターコイズブルーを基調に、シズル感のあるビールをイメージしたブランドロゴを中央に配した。

 お勧めの飲み方は①グラス、氷、冷やした「ビアボール」と炭酸水を準備②氷をグラスいっぱいに入れて、炭酸水、「ビアボール」の順に入れる③マドラーなどで軽く1回混ぜたら完成―。炭酸水と「ビアボール」の推奨割合は3対1。炭酸水を入れずに氷と「ビアボール」でつくるビアロックも楽しめるという。

 

 サントリービールのマーケティング本部イノベーション部、商品担当者の佐藤勇介氏(マーケティング担当)の話 「ビアボール』を通じて、ビールの新しいおいしさ、楽しさを提案することで、ビール市場の活性化とともに、お客がワクワクするような“お酒の世界”をつくっていきたい。

 同社の商品開発研究部の岡島高穂氏(開発担当)の話 今回の開発は、これまでにない本当に新しいチャレンジだった。発酵工程でアルコール度数を16%まで高める難しさを乗り越え、炭酸水でつくったときの爽快さをしっかりと楽しんでいただける味わいを目指した。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ