【コラム:おんせん! オンセン! 温泉!】那須塩原温泉 すっぽん料理河童 河童の湯

 古くから滋養強壮に効くといわれている「すっぽん」。疲れている時や、体が弱っている時、または頑張った自分のご褒美にお勧めな高級食材です。栄養満点でおいしい「すっぽん」を食べれば、心も体も元気になること間違いなしです。そこに「温泉」が加われば、その効果は倍増すると思いませんか。温泉も「湯治文化」があるように、古来、人々の健康増進に活用されてきました。ということで、今回は「すっぽん料理」と「温泉」が同時に楽しめる「那須塩原温泉 すっぽん料理河童 河童の湯」を紹介します。

 

那須塩原温泉街の外れ

 栃木一の知名度と規模を誇る温泉地「那須塩原温泉郷」。一つの温泉郷でさまざまな泉質を楽しむことができる温泉地です。「すっぽん料理河童 河童の湯」は、那須塩原温泉街を縦断する国道から、塩原元湯に続く一本道を入ってすぐのところにあります。

 「すっぽん料理」と大きく書かれた養殖用ハウスが目を引くので、迷わず到着できます。年季の入った看板には「秘湯 河童の湯」と書かれています。広々とした敷地の中に、コの字型に建物が並んでいて、その一角にあるのが食事処(どころ)と温泉処。まずは「温泉」へと向かいます。

ひなびた温泉で芯まで温まる

 

 温泉はすっぽん料理を食べれば無料で利用でき、有料で温泉だけでも利用できます。浴室は2カ所あり、それぞれ内湯のみのシンプルな造りになっています。男女別ではなく、空いている方を貸し切りで使用するシステムです。

 秘湯の共同浴場のような「ひなびた」雰囲気のお風呂は、2〜3人が入れるほどの大きさです。素朴ですが重厚感のある石造りの湯船にはなみなみと源泉が注がれ、新鮮な湯の香りが浴室中に漂っていました。そんなお湯に身を沈めれば、じわじわと血の巡りが良くなり、数分で芯までポカポカ。カチコチに冷え固まった体がぐでんぐでんにほぐされる至福の時間です。

 

自家源泉「完全掛け流し」のぜいたくな湯使い

 

 泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。無色透明のお湯はツルツルすべすべの肌触りが心地よく、なめると程よい甘味と塩だし味を感じます。敷地内に湧く自家源泉で、泉温は56度で、浴槽の温度は熱めの適温。湯量も豊富なため、加水・加温・循環・消毒のない「完全掛け流し」のぜいたくな湯使いが最高です。お湯が新鮮すぎると固くて強いと感じる温泉も多くありますが、ここは新鮮ですがマイルドで滑らかな印象。しばらく漬かっていると、温泉成分のベールが体を包み込んでくれるようなやさしい湯あみでした。

 

すっぽん料理の王道「すっぽん鍋」を堪能

 

 温泉で冷え切った体を温めたら、食事処へ移動します(すっぽん料理を食べてから温泉に入ることもできます)。

 食事は前菜として地物の野菜のおひたしや漬物が出た次に、すっぽんの「生き血」と「キモ」が登場。「生き血」は焼酎とオレンジジュースがブレンドされ、「キモ」は焼酎で割ってあります。それを一気にクッと飲んでみると、顔が自然とグシャッとなるほど、どちらも苦くてまずい。これが体にとてもいいらしいのですが、確かに数分後には目がシャキッとしてきた気もしました。

 

 

 そして次が真打ち「すっぽん鍋」。すっぽんが丸ごと1匹煮込まれていて、ちょっとグロテスクな感じもしますが、すっぽんからにじみ出る絶妙なだしが非常においしく、みんな無言でかき込んでいました。すっぽんそのものは鶏肉のような食感で、白身魚と貝と鶏肉を足して3で割ったような味。淡白ですが、うま味たっぷりで上品なおいしさでした。

 

 

 その後は大量の野菜が登場し、シメは「玄米の雑炊」。すっぽんのおだしと、玄米のプチプチ感が絶妙のマッチングで言うことなしです。

 ちなみに、日本ではもつ鍋、水炊き、キムチ鍋などさまざまな「鍋料理」が存在しますが、「すっぽん鍋」はその最高峰に位置付ける人もいるほど、味も効能も万能な鍋だそうです。

 

栄養抜群の「すっぽん」と「掛け流し」の温泉で「すっぽん湯治」完了

 病気療養や疲労回復などに温泉を利用する「湯治」という温泉療法がありますが、ここは滋養強壮に効く「すっぽん」で体の内側から、完全掛け流しの生命力あふれる「温泉」で体の外側から療養できる「すっぽん湯治」といったところでしょうか。

 高タンパクで低脂肪だけではなく、コラーゲンや必須アミノ酸、希少なビタミン、ミネラルも豊富に含む「すっぽん」。「温泉」に入り「すっぽん」を食せば、疲労回復効果だけでなく、体の内側から元気が「みなぎる」超絶な湯治効果を体感できることでしょう。

 料金は1人4400円(温泉のみは250円)。那須塩原温泉のお昼ごはんといえば「スープ入り 焼きそば」が定番ですが、なんだか最近疲れがとれない、元気が出ない、そんな方には「すっぽん湯治」がお勧めですよ。

【上塩原温泉 すっぽん料理河童 河童の湯】

住所 栃木県那須塩原市大字上塩原238

電話番号:0287-32-2364

URL http://www.citydo.com/prf/tochigi/guide/sg/160001547.html

【泉質】

ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性 中性 高温泉)/泉温56.8度/pH:7.3/湧出状況:掘削自噴/湧出量:毎分341.5リットル/加水:なし/加温:なし/循環:なし/消毒:なし

【筆者略歴】

小松 歩(こまつ あゆむ) 東京生まれ。温泉ソムリエ(マスター★)、温泉入浴指導員、温泉観光実践士。交通事故の後遺症のリハビリで湯治を体験し、温泉に目覚める(知床での車中、ヒグマに衝突し頚椎骨折)。現在、総入湯数は1900以上。好きな温泉は草津温泉、古遠部温泉(青森県)。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ