本物の迫力に関心生まれる パラフェス2018で体験コーナー盛況

 パラアスリートの魅力を伝えるライブエンターテインメント「ParaFes 2018」が11月23日、2020年東京オリンピック・パラリンピックの会場でもある東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれた。日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターである元SMAPのメンバー、香取慎吾さん、草なぎ剛さん、稲垣吾郎さんが進行役を務め、約6000人の観客はパラスポーツの真剣勝負や盲目のピアニスト、木下航志さんらのライブ演奏を楽しむと同時に、パラスポーツの理解を深め、20年大会への期待を高めた。このイベントの前には、同プラザのサブアリーナにパラスポーツ体験コーナーが設けられ、こちらにも多くの人が足を運んで、実際にパラスポーツの一端に触れた。

香取慎吾さん制作の壁画の前はいつも人だかり

 設置されたのは視覚障害者柔道、パラ卓球、車いすバスケットボール、ボッチャ、競技用車いす(レーサー)、パラ・パワーリフティングで、特設ステージでは健常者と障害者の共生社会実現への理解を深めたりパラスポーツの魅力を確認したりする講演も開かれた。ParaFesをサポートする企業もブースを設置、工夫を凝らした展示やイベントを催し、ライブを前に訪れた人たちが興味深げに体験した。

アイマスクを付けると距離感が分からなくなる柔道

 車いすバスケットボールに挑戦していた群馬県館林市から来た上田志保さんと花伽さんの親子。二人とも、初めての経験で、車いすの操作が難しかったと話し、普段バスケットボールをしている小学校5年生の花伽さんは「(操作する)手が痛くなった。でも車いすバスケに興味が出てきた」という。志保さんはライブコンサートの前に体験コーナーも見てみようと決めていたそうで「パラリンピックでも実際に車いすバスケットボールを観戦したくなった」と話してくれた。

車いすの操作が難しい車いすバスケットボール

 各コーナーを精力的に回っていたのが、スポーツ庁オリンピック・パラリンピック課の中平公士さん。アイマスクを付けての視覚障害者柔道では「投げられて落下する時に、距離感が分からなくて怖かった」という。これなど体験しないと絶対に分からない感覚だ。ほかにもパラ・パワーリフティング、ボッチャ、車いすレーサーなどを回り「普段、体験できないスポーツばかり。政策に生かすためにもに知らなければ」と熱心に取り組んでいた。

世界一の池崎選手のタックルは迫力十分

 今年8月の車いすラグビー世界選手権で初優勝した日本代表のエース、池崎大輔選手の車いすタックル(ぶつかり合い)を体験するコーナーでは、その勢いと迫力ある衝突音に悲鳴に近い歓声が飛び交った。池崎選手も1時間以上に渡ってタックルを繰り返し「今日は100本以上やりました」と笑顔で話してくれた。

 家族5人で訪れた会社員、井上孝治さんは池崎選手のタックルを体験。「想像以上にすごかった。テレビでは伝わってこない本物の迫力」と驚いた様子だ。勤務先のJXTGエネルギーには社会人野球のチームがあるためオリンピックの野球には興味があるそうだが「体験するとパラリンピックも見たくなった」と新たな関心も生まれたようだ。

 どんなスポーツも、経験することでその魅力に触れることができる。パラリンピックで会場を満員にするため、こうしたイベントで魅力を伝えることがますます必要だ。

CMでおなじみのエネゴリくんはひっぱりだこ


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ