【甲子園―100回目の夏④】監督列伝~記録と記憶に残るのは?

 高校野球における監督の存在は大きい。その采配が勝敗に直結することから、いい監督の下に好選手が集まるのも高校野球ならではのことである。

 監督の通算勝利数が注目されるようになったのは、PL学園(大阪)の中村順司元監督の存在が大きい。1980年に母校の監督に就任し、翌81年春の選抜大会で「甲子園初采配優勝」。82年春にも勝って、史上2校目のセンバツ2連覇を果たした。そして桑田、清原両選手の「KKコンビ」が1年生だった83年夏に全国制覇。翌年の選抜大会決勝で敗れるまで、甲子園で20連勝をマークした。

 85年の第67回大会で2度目の夏制覇を遂げた後、87年は春夏連覇の偉業を達成した。ここまで甲子園出場10回で6度の優勝のほか準優勝が2度、通算勝利は44勝(4敗)、夏は22勝(1敗)という圧倒的な数字を残した。「球道即人道、野球は人生の縮図」をモットーに素質のある選手を鍛え上げ、王国を築いた。98年春を最後に引退し、18年で通算58勝10敗の成績だった。

 この中村さんの最多勝記録を破ったのが、智弁和歌山(和歌山)の高嶋仁監督である。72歳、ベンチ前の「仁王立ち」で知られる。今春の選抜大会準優勝で甲子園通算68勝(34敗)まで伸ばした。1972年に智弁学園(奈良)の監督に就任した後、80年に転勤で智弁和歌山に移った。奈良で春夏7勝をマークした高嶋監督は、はじめは選手も集まらなかった新しいチームを地道に指導。夏は第69回大会(87年)で初出場を果たした。春と合わせて甲子園では初戦5連敗を喫したが、そこから劇的に強くなった。苦労が報われたのだ。93年の初勝利から10年間で3度の優勝(春1、夏2)と3度の準優勝(春2、夏1)の成績を収めた。少数精鋭のチームづくりに定評があり、2010年に中村監督を抜いて通算勝利のトップに立った。

 横浜(神奈川)の渡辺元智前監督は28歳の甲子園初采配で選抜大会を制し、春3度、夏2度の優勝を果たした。2015年に勇退するまで通算成績51勝22敗(夏28勝10敗)。後半は、同級生の小倉清一郎元部長との強力コンビで強さを発揮した。懐の深い指導者で「技術論は彼(小倉さん)がやり、私は精神野球を説いた」と語っている。

 帝京(東京)の前田三夫監督が通算51勝で並ぶ。2011年夏の第93回大会を最後に甲子園から遠ざかっており、69歳になった記念大会の今年、復活を期待したい。

 馬淵史郎監督(高知・明徳義塾)が通算50勝、西谷浩一監督(大阪・大阪桐蔭)が通算49勝で続いている。馬淵監督は百戦錬磨で、甲子園で「20大会連続初戦勝利」をマークした。西谷監督は自ら足を運んでみつけた好素材を育てるのがうまく、春夏6度の優勝は最多タイ。74歳の闘将、阪口慶三監督(岐阜・大垣日大)は通算40勝まであと3勝だ。通算33勝の小倉全由監督(東京・日大三)は母校を打力のチームに変えて2度の夏Vにつなげた。

 過去にもファンを沸かせた名伯楽は多い。中でも、取手二と常総学院(ともに茨城)で全国制覇した木内幸男さんや、やまびこ打線を率いて一世を風靡した池田(徳島)の蔦文也さん(故人)、「尾藤スマイル」がトレードマークだった箕島(和歌山)の尾藤公さん(故人)らが高校野球の面白さを存分に伝え、大会を夏の風物詩に育てた。

 最後に、甲子園で頂点には立てなかったが、私の印象に残る3監督を紹介したい。一人目は土佐(高知)の籠尾良雄さん(故人)。30年にわたって同校の代名詞となった「全力疾走」のチームを指揮し、爽やかな風を送り込んだ。北陽(現関大北陽、大阪)の松岡英孝さんは人柄がにじみ出るような好チームをつくり、箕島などの強豪に挑んだ。2人は高知出身で、ともに選抜大会で準優勝している。最後は、星稜(石川)の山下智茂さん。通算22勝、夏の準優勝が最高成績。50歳を超えても、帽子のひさしの裏に「全国制覇」と書き込んで夢を追い続けた姿は忘れられない。

パソコン導入前から作った手書き資料。勝敗などの基本事項をメモした約100人分がある

【筆者略歴】

後藤英文(ごとう・ひでふみ) スポーツジャーナリスト。共同通信では初代スポーツ専門特派員としてニューヨークで勤務。MLBワールドシリーズやW杯サッカー、NFLスーパーボウルのほか夏冬の五輪などを取材。元びわこ成蹊スポーツ大学教授。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ