最先端がん治療法BNCT臨床試験開始 脳神経疾患研究所附属南東北BNCT研究センター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 脳神経疾患研究所は2月25日、同研究所に附属する南東北BNCT研究センター(福島・郡山市)で会見を開き、世界の病院で初めてとなるBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)の臨床試験を開始すると発表した。
 BNCTは、ホウ素化合物の点滴でがん細胞に集まったホウ素原子に中性子線を1回照射し、がん細胞を破壊するもので、周囲の正常細胞への影響が少ないとされる最先端のがん治療法。これまで極めて治療が困難だった悪性脳腫瘍など再発・浸潤がんに効果が期待されている。
 同研究所の渡邉一夫理事長は「難治性の再発がんや浸潤がんに効果が期待されるBNCT治療を病院に併設して、世界で初めて実用化することができれば、全世界のがん患者にとって朗報であり、世界の患者や研究者が集まり、雇用など含め周辺産業にも大きなインパクトを与えることになる」と意義を語った。
 この「BNCT脳腫瘍第Ⅱ相臨床試験」は、2012年以降京都大学などで行われていた第Ⅰ相試験に続くもの。中性子を原子炉から取り出して利用するのではなく、加速器を使って中性子を発生させ、病院内での治療を可能にするシステムの安全性と有効性を確認し実用化を図る。
 今回の臨床試験には、国立がんセンター中央病院、住友重機械工業、ステラファーマが参画し、24例を目標に実施され、2018年度の承認申請を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップフォト

最新写真ニュース

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第96回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(9月22日開催)

大宮アルディージャ 5-0 ジュビロ磐田   湘南ベルマーレ 4-0 徳島ヴォルティス   AC長野パルセイロ 2-3 横浜FC   大分トリニータ 0-1 清水エスパルス   鹿島アントラーズ 2-1 ファジアーノ岡山 … 続きを読む

きさらぎ会Image

東京きさらぎ会10月例会 logo:KyodoWeekly

東京きさらぎ会10月例会

共同通信社の 「きさらぎ会」 東京10月例会で、 遠藤利明・五輪担当相が 「2020年東京五輪・パラリンピック大会の成功に向けて」と題して講演した。 「東京五輪は日本の最新技術、芸術、文化を世界へ発信する最高のチャンス」と強調。その上で、五輪・パラリンピックを契機とする地域振興に取り組む姿勢を 示し、自治体の積極的な参加を呼び掛けた。

詳しく

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ