hd_cat_release-news新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース
記事提供元:TABIZINE

半沢直樹も愛した金沢のお土産「じろあめ」を隠し味にしたレシピ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半沢直樹も愛した金沢のお土産「じろあめ」を隠し味にしたレシピ3選 画像1

北陸新幹線開業後、観光地として大人気の石川県金沢。金沢と言えばさまざまな観光地がありますが、和菓子などのスイーツも有名です。あの高視聴率ドラマ『半沢直樹』の主人公が愛した銘菓『じろあめ』もその1つ。米と大麦と水だけで職人が作ったおいしいあめですね。

そこで今回は創業天保元年(1830年)、金沢で最も古いあめ屋・俵屋が作る『じろあめ』のちょっと変わった食べ方を紹介したいと思います。なんとこの『じろあめ』、単にあめとしてだけでなく、料理の調味料としても使える優れものなのです。

半沢直樹も愛した金沢のお土産「じろあめ」を隠し味にしたレシピ3選 画像2

レシピその1:じろあめホットミルク
半沢直樹も愛した金沢のお土産「じろあめ」を隠し味にしたレシピ3選 画像3

最初のアレンジレシピは、“じろあめホットミルク”。ホットミルクにはちみつを溶かして飲むとおいしいですが、あるとき「じろあめを入れてみたら?」とひらめいて試してみました。

ミルクを温め、そこにスプーンですくったじろあめを入れるだけ。飲んでみると『じろあめ』の自然な甘みがミルクにマッチして、すごくおいしかったです。

レシピその2:じろあめのパースー(中国式大学イモ)
半沢直樹も愛した金沢のお土産「じろあめ」を隠し味にしたレシピ3選 画像4

こちらは『じろあめ』を製造・販売する俵屋の公式ホームページにも紹介されているレシピのアレンジ。さつまいもを乱切りにして水に漬け、あくを抜いてから油で揚げます。

別の鍋にじろあめ、みず、レモン汁、上白糖(いわゆる砂糖)を入れて加熱し、煮立ったら揚げたサツマイモを投入します。

過去記事『【レシピ】これはやみつき!氷水でパリパリにする中国式「大学イモ」』では、揚げたサツマイモを氷水につけて、パリパリにする中国式の大学イモ・パースを紹介しました。

同じように『じろあめ』で作った大学イモを冷水に潜らせて、パリパリにして食べてみてもおいしいですよ。

レシピその3:じろあめの豚しょうが焼き
半沢直樹も愛した金沢のお土産「じろあめ」を隠し味にしたレシピ3選 画像5

最後は『じろあめ』を使った豚しょうが焼きです。基本的にみりんを使う料理に『じろあめ』を使うとマッチします。豚しょうが焼きも一緒ですね。

ただ、『じろあめ』は室温のままだとキャラメルくらいの硬さがありますので、そのまま料理に使おうとしても大変です。小さなフライパンなどでお酒と一緒に加熱し溶かしてから調味料として使ってみてください。ただ、長く火をかけすぎてしまうとお酒が全部飛んでしまいます。

以上が金沢で最も古いあめ屋、俵屋の『じろあめ』レシピです。商品にも注意書きとしてありますが、あめをすくうときは常に清潔なスプーンを使ってくださいね。

ボトルに入ったじろあめに菌が繁殖しないようにするための予防策ですね。長く楽しむためにもご注意を。

半沢直樹も愛した金沢のお土産「じろあめ」を隠し味にしたレシピ3選 画像6

[じろあめ|俵屋オンラインショップ]
[All photos by Masayoshi Sakamoto]

記事提供元:TABIZINE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップフォト

最新写真ニュース

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第96回天皇杯 トピックス

準々決勝~決勝 マッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)決定

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準々決勝から決勝までのマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決まりました。 【第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会】<マッチスケジュール> [準々決勝]   … 続きを読む

きさらぎ会Image

東京きさらぎ会10月例会 logo:KyodoWeekly

東京きさらぎ会10月例会

共同通信社の 「きさらぎ会」 東京10月例会で、 遠藤利明・五輪担当相が 「2020年東京五輪・パラリンピック大会の成功に向けて」と題して講演した。 「東京五輪は日本の最新技術、芸術、文化を世界へ発信する最高のチャンス」と強調。その上で、五輪・パラリンピックを契機とする地域振興に取り組む姿勢を 示し、自治体の積極的な参加を呼び掛けた。

詳しく

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ