住まい住まいに関するコラム

マンションの最上階は、他の階よりも暑いってホント!?検証してみた 画像1

スーモジャーナル

マンションの最上階は、他の階よりも暑いってホント!?検証してみた

ちまたで囁かれてる、「夏のマンションの最上階は、他の階よりも暑い」というウワサ。これは本当に真実なのか、それともただの都市伝説なのか!? そこで実際にはどうなのかを、10階建てのマンションで実験&検証してみた。

最上階とその一階下の部屋では、平均2℃も気温が違う!?

マンションの最上階に住んだ経験のある人の多くが、「最上階は、他の部屋より暑い!」という
感想を持っているようだ。かくいう筆者も、10階建てマンションの最上階の東向きの部屋に住んでいる。確かに言われてみれば、朝日を浴びた我が寝室は、うなされつつ目を覚ますほどの酷暑だ。

同じマンションの9階の東向きの部屋を事務所にしているのだが、事務所のドアを開けて「あれ? 下のほうが涼しい!」と思ったことが何度もある。

では実際どうなのかと、10階と9階に温度計を設置。朝8時前後のそれぞれの部屋の気温を、計測してみた。

1日目は10階34.8℃、9階31.5℃。2日目は10階32.2℃、9階30.1℃。3日目も10階33.0℃、9階30.0℃と、軒並み10階のほうが暑いという結果に!

8日間検証して計算してみたところ、平均温度差は2.03℃。実に2度以上も10階のほうが暑かった。
ちなみに気温の高い日ほど、気温差が大きくなりやすいということも分かった。

マンションの最上階は、他の階よりも暑いってホント!?検証してみた

【図1】筆者の自宅がある10階建てマンションの最上階の温度(7月15日8時10分ごろ)

マンションの最上階は、他の階よりも暑いってホント!?検証してみた

【図2】筆者の事務所がある10階建てマンションの9階の温度(7月15日8時10分ごろ)

7月のある8日間の温度比較

【図3】7月のある8日間の温度比較 8日間とも最上階である10階のほうが暑いという結果に!

最上階の部屋が暑い理由は、コンクリートにあり!

ではなぜ、マンションの最上階はかくも暑いのか? 「住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所」の井上恵子さんによると、大きな理由は「屋根が太陽の直射日光を受けるから」だという。

「屋根が太陽の熱で熱くなり、その熱が最上階の部屋に降りてくるのです。私の家でもそうですが、一戸建てでも1階より2階のほうが暑いんですよ」(井上さん)。

特にマンションの屋根に使用されるコンクリートは蓄熱しやすく、その傾向は高まるとか。暑くなりがちな最上階で快適に暮らすには、部屋の熱を上手に逃がす工夫や熱をためこまない策を講じるのが大事だと言えそうだ。

「最上階は低層階よりも風通しがよいので、2カ所以上の窓を開け、室内に風をよく通しましょう。窓ガラスが日射で熱くなるのを防ぐために、窓の内側よりも外側にすだれを取り付けるのが効果的ですよ」(井上さん)

マンションの最上階の部屋には、階上の住民の騒音がないという大きなメリットがある。しかも夏暑いということは、冬は暖かいともいえる?しっかり見極め&対策をほどこして、快適な最上階ライフを送ろう!

あわせて読みたい─関連記事─

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

住まい

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第94回天皇杯 トピックス

北海道代表にクラブフィールズノルブリッツ北海道が決定

平成26年度 第32回知事杯全道サッカー選手権大会の決勝が19日、札幌厚別公園競技場で行われ、クラブフィールズノルブリッツ北海道が札幌大学を延長戦の末2-1で下し優勝しました。これによりクラブフィールズノルブリッツ北海道 … 続きを読む

きさらぎ会Image

東京きさらぎ会6月例会 logo:KyodoWeekly

東京きさらぎ会6月例会

内閣官房参与の藤井聡・京都大大学院教授が6月20日、共同通信社の東京きさらぎ会で講演し、広範囲の被害が予測される南海トラフ地震や首都直下地震に備えるため、太平洋ベルト地帯に集中している産業基盤の地方分散を急ぐ必要があると訴えた。同時に、大災害に備えた国土強靭化には一定のコストがかかるが、長期的に見れば安定した経済成長につながると強調した。

詳しく

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ